2016/03/09

『時計台のジャンヌ』体験版 感想

公式はこちら

エロゲ業界で我が道を行き続けるLiar-softの新作、
『時計台のジャンヌ』を体験してみました。

今回のジャンルは欧州ヒストリカル・ファンタジーADV。
その名の通り、欧州の歴史を絡めたファンタジー物ですね。
登場人物では欧州の知識があればピンと来る名前も多いですが、
欧州知識がなくても普通に楽しめるのではないでしょうか。
自分はネットでちょくちょく調べながらプレイしてましたが。

普通のエロゲなら体験版で一通りのヒロイン紹介は
必須だと思うのですが、Liarの場合はそもそもヒロインが
一人な可能性もあるので、そこら辺はスルーしておくとして、
今回の体験版では主要キャラの性格や物語の導入部は
きっちり見せていたので作品の雰囲気を掴むには十分でした。
Liarは体験版を1話としてしっかり作ってくる印象があります。

今作は、現実とファンタジーが混じっているという点では、
フェアリーテイル・レクイエムに似ているような印象も。
もっとも、こちらは騎士物語色が強いですが。
公式サイトで紹介されている登場人物を見てみると
話が結構大きな規模になりそうで、そこは楽しみです。

そんな感じで割といつものLiar的雰囲気のある作品ですが、
インパクトだけで言うならちょっと地味な印象ですね。
スチパンはもちろん、時にはそれ以上にへんてこりんな
作品をぶん投げてくることのあるLiar作品としては大人しい。
主人公はマトモだしジャンヌという素材はありふれてるし
キャラデザも垢抜けていてなんとなく物足りなさがあります。
恐らく1ルート作品でしょうし、「これは!」という
引きがなければ購入まで行くのはちょっと厳しいかも。
話しの先は普通に気になっていたりするのですが…。


まとめ。
そんな感じで、購入確定とまでは行かないですが、
他に目ぼしいものがなければ買うかもしれないという感じです。
Liar作品は良くも悪くも体験版でハッキリ分かるので
購入する場合は体験版時点で飛びつくことが多いのですが、
こういう曖昧な感想の場合は買わないことが多かったり。

とはいえ現時点で3月の購入候補は固まっていないので、
普通にこれを買っている可能性も十分にあります。
無知萌えな自分としてはジャンヌに妙なエロさを感じるのです。

コメント

非公開コメント