2016/02/19

『失踪都市: 所轄魂』笹本稜平 感想

失踪都市: 所轄魂 (文芸書)
笹本 稜平
徳間書店
売り上げランキング: 193,773

とある所轄の管轄内で発見された2体の死体。
ベテラン検視官は他殺だと判断したものの、
何故か警察上層部は事件性なしと判断することに。
そんな上の動きに胡散臭さを感じた現場の刑事たちが
自らの正義感の命ずるままに動き出す…というお話。

死体が見つかったもののその死体が誰か分からず、
警察も隠蔽に動き始めるという序盤の不穏さは素晴らしい。
よく分からないまま何かが動いている雰囲気は
ホラー小説に似たようなものを感じます。

中盤の展開も丁寧で読み応えがあります。
頼りないと思ってた刑事が意外な活躍を見せたり、
それがきっかけで刑事同士の絆が芽生える展開は熱いです。
上層部相手に戦う決意を固める流れも燃える。

ただ、終盤の展開があっさり気味なのは残念でした。
所轄組が証拠をある程度固めたとはいえ、
最終的にはぽっと出の捜査一課長の男気がなければ
事件を解決させることができなかったですし、
あれ?結局所轄魂より地位が大事なんじゃね?という感想に…。

終盤でも解決策が見えないせいで緊張感はあったのですが、
最後の最後で雑に纏められてしまった感があります。
上層部が真っ黒過ぎてほとんど打つ手がない状況まで
行ってしまったのはやり過ぎだったかも。
終盤までの展開が面白かっただけに惜しい作品でした。

コメント

非公開コメント