手を出したものの感想を書き溜める場所
『ゾンビ・アパート』飯野文彦 感想
ゾンビ・アパート
ゾンビ・アパート
posted with amazlet at 16.02.13
飯野 文彦
河出書房新社
売り上げランキング: 486,930

ちょっとエログロ寄りなホラー短編集。
一番新しい作品でも10年以上前のものというだけあって
新鮮さは少ないものの、どこか懐かしい雰囲気が漂ってます。

表題作である「ゾンビ・アパート」ですが、
短編集のトップが表題作なのは少し珍しいかも。
ホラーの系統としてはいわゆる理不尽系で
正体不明な存在に狙われる怖さがしっかり書かれています。
甘酸っぱい青春話っぽい導入からの落差はお見事。
ただ、ゾンビというよりはもっとワケのわからない感じなので
ゾンビ系の話を期待していると肩透かしを食らうかもしれません。

他の話にしても教科書的な作りのものが多いですが、
こうして一気に読むことで思うところも出てきたりします。
例えばこの本の短編には、自分が人間以外のものに
変身してしまうというオチの作品がいくつかありますが、
各作品の微妙な違いを見つけるといい楽しみ方もできます。

あとは小道具ですね。
携帯が出ない変わりにビデオデッキらラジカセが
出ているのを見ると、やっぱり昭和の香りが感じられます。
よく言う古さを感じさせないとは真逆で、
古さを感じさせるけどそこが面白い短編集でした。

しかしまさか触手プレイが出てくるとは思わなかったですよ。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック