手を出したものの感想を書き溜める場所
『鹿王丸、翔ぶ』岩井三四二 感想
鹿王丸、翔ぶ
鹿王丸、翔ぶ
posted with amazlet at 16.01.13
岩井 三四二
講談社
売り上げランキング: 1,117,733

戦国時代の鉄砲による暗殺劇を描いた小説は多々あれど、
大抵は信長や秀吉といった大物がターゲットな気が。
しかしこの小説のターゲットは六角承禎というのが珍しい。

物語は六角承禎を狙う暗殺者・鹿王丸と、
彼を追う甲賀の田舎侍・与七郎の視点で交互に語られます。
六角勢が上洛したばかりで落ち着きがない京都を舞台に、
様々な方法で身を隠しつつ暗殺を続ける鹿王丸。
当時の京童の生活や鉄砲文化などを読みやすく見せつつ、
現代の暗殺者物にも通じるサスペンスとして仕上げているのは
さすがは岩井さんと言うべきでしょうか。

一方の与七郎は忍者なのか侍なのか中途半端な立場というのが
当時の甲賀の侍らしさを感じさせてくれます。
そんな立場なのに暗殺者追跡の手法は現代的なのが面白い。
金に物を言わせて人材を確保してひたすら聞き込み。
警察の人海戦術とまったく変わらないですね。
夜襲を察知するところなんかは出来る男っぽいんですけど、
捜査に関しては手堅くいくしかないのが悲しいところ。

そんな感じで暗殺劇は割と現代的だったのですが、
鹿王丸の生き方や末路は戦国時代の無情さを感じられましたし、
暗殺事件の真相についてもこれまた戦国時代らしかったです。
短めの本ですし凝った仕掛けがあるわけでもないのですが、
手軽に戦国時代を感じられる小説だったと思います。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック