手を出したものの感想を書き溜める場所
『ワガママハイスペック』体験版 感想
公式はこちら。
【ワガママハイスペック】応援中!
まどそふとの新作であり早くもアニメ化が決定したらしい
『ワガママハイスペック』を体験してみました。
原作発売前にアニメ化と聞くと何やら大きな闇の力を感じますが、
まあそこら辺はあまり気にせず感想に行ってみましょう。

基本的な設定はオーソドックスな学園物なのですが、
一番の特徴は主人公が漫画原作者であることでしょうか。
作家だったり画家だったりと芸術系主人公は数多くいますが、
漫画の原作者というのははじめて見たような気がします。
話のノリはありふれたドタバタ学園コメディなのですが、
主人公が漫画原作者であることを秘密にしているというのが
ところどころでアクセントとして機能しています。
ただ、体験版時点では生徒会活動は面白かったんですけど、
イベントはかなり地味なので、これが続くとダレそうな予感も。

メインヒロインであるかおるこは主人公の漫画の作画担当。
メインヒロインだけあって美味しい設定ではありますが、
この設定は個別ルートでどこまで行かされるのか。
シリアスで攻めるならコンビ解消展開などが定番ですが…。
キャラとしては主人公が書く原作が大好きなだけあって
主人公への好感度は最初からかなり高いものの、
恋愛感情というよりは仲間意識寄りに見えなくもないです。

主人公とは付き合いが長い後輩・未尋と妹・兎亜。
未尋は飄々とした態度、兎亜はクールな態度が目立ちますが、
この二人に関しては最初から恋愛感情ありな印象ですね。
未尋みたいにネタに走って好意を隠す娘は大好きです。
何気にハイスペックでピンク髪というところもドストライク。
兎亜のあの態度は兄に対する甘えみたいなもんですね。可愛い。

ツンデレアーシェは典型的なツンデレなのですが、
着替えネタからツンに入る流れは個人的には好きじゃないです。
着替え中やトイレでバッタリネタは今でもエロゲでは定番ですが、
最近だと見た方も見られた方も不注意だったということで
さっさと和解することも多いだけに今回は印象がよろしくない。
この娘に関してはもう少し捻った展開が欲しかったです。


まとめ。
ちょっとだけ変わった学園物という感じでしょうか。
今のところは良くも悪くも普通な作品ですが、
主人公の設定の生かし方次第では今後個性が出てくるかも。
ヒロインは可愛いですけど目新しさは少なかったです。
公式を見ると才能豊かなヒロインが売りっぽいですけど、
現時点ではそれほど売りに見えないのは痛かったかな。
今のところは過去作品と似た評価になりそうな気がします。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック