手を出したものの感想を書き溜める場所
『キミのとなりで恋してる! THE RESPECTIVE HAPPINESS』 感想
公式はこちら。
ALcotハニカム「キミのとなりで恋してる! 〜 The Respective Happiness 〜」応援中!
ALcotハニカムの新作である
『キミのとなりで恋してる! THE RESPECTIVE HAPPINESS』
の感想となります。
前作である『キミのとなりで恋してる!』のFDなので
単品プレイにはまったく向いていない作品ですが、
そこは前作とセット販売でフォローしています。
セットだとエロゲ一本分よりちょっと高くなるので
メーカー的には美味しい商売なのかもしれません。

作品の構成としては前作ヒロイン3人のその後の話と、
サブキャラである瀬古、彩香、恵の短編の詰め合わせで、
FDとしては比較的手堅い作りではないかと思います。
男キャラの掘り下げがあるのは珍しいですが、
作中での立ち位置はヒロインに匹敵するキャラですし、
個人的にはやってくれて良かったと思います。

ヒロイン3人の話に関しては、恋人という立場なので
前作以上にネットリとしたエロシーンを交えつつ
お互いの関係を更に一歩進めるという
アフターストーリーとしては理想的な内容。
エロゲでは定番のデートイベントがなかった割に
イチャラブが濃かったような印象を受けるのは
エロシーンの前戯に力を入れまくっていたからだろうか。
暇があったらお互いの性器を弄っているような関係は
恋人生活を満喫していることを実感させてくれましたし、
自分としては非常に満足度の高い内容でした。

サブ3人について。
瀬古はともかく彩香と恵には
新たにルートがあるのかと思っていましたけど
この予想に関してはいい意味で裏切られた感があります。
彩香は恋の予感を感じさせつつも本編ではぼかして、
涼香の身内としての立場を重視していましたね。
なぎさと莉奈はどちらかとくっついた後も
もう片方がいいサブキャラとして動いていましたけど、
涼香にはそういうキャラがいなかったのが
今回の彩香の登場によって上手く補われた感があります。
こういう、恋人関係を外から見るキャラがいるのも
恋人関係の醍醐味だと思うので自分としては嬉しいですね。

恵は本編で兄への気持ちが描かれていただけに
今回どう決着をつけるのか気になっていたのですが、
本編の流れを継承して綺麗にオチを付けたのではないかと。
もしヒロインでこれをやったら非難轟々でしょうけど、
サブという位置ならこの結末はありですね。
妹の恋の結末としてこれもまた一つの理想の形。
プレイし終わった後は非常に爽やかな気分になれました。


まとめ。
FDとしては非常に完成度が高いのではないでしょうか。
ヒロイン3人の話もサブ3人の話も
本編が楽しめた人なら素直に楽しめる内容ですし、
価格もロープライスで手を出しやすいのもありがたい。
FDといえばサブヒロイン攻略を売りにする物も多いですが、
違う方向に掘り下げる作品があってもいいと思います。
特に妹の結末にはしっかりとした主張が感じられました。

もともと、おぅんごぅるさんはテキストもストーリーも
自分好みな作品を作って頂けるライターさんだったのですが、
今回もしっかり期待に応えてくれました。感謝感謝。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック