手を出したものの感想を書き溜める場所
『こころリスタ!』 感想
公式はこちら。
「こころリスタ!」2015年10月30日発売!
老舗メーカー『Q-X』久々の新作である
『こころリスタ!』をクリアしてみました。

コミュ障気味な主人公がリアルとネットを行き来できる
不思議なアプリ、「こころリスタ」の力を借りて
真人間へと成長していくというのが本作の基本的な設定。
10年前に発売された『こころナビ』の続編に当たるのですが
メインであるアルファルート以外では前作ネタは少なめ。
ただしアルファの設定に関しては前作との関係が深く、
新規プレイヤーは置いてけぼりにされるかもしれません。
まあ、それほど凝った設定の話ではないですし、
未経験でも分かった気分になれるとは思うのですが。

シナリオの構成は一昔前のエロゲという印象ですね。
共通が長めで個別に分岐した後に最後の一山が来て終わり。
最近のゲームとしては個別ルートが短めで、
イチャラブも少ないところは万人向けではないのかも。

しかしこれはストーリー的にしょうがない面もあります。
元々、こころリスタは駄目人間強制プログラムですし、
主人公がヒロインに告白できる強さを持った時点で
主人公の人格的問題についてはほぼ解決してるんですよね。
個別ルートで描かれるヒロインの問題も
決して小さいわけではないのですが、
こころリスタというゲームの本質を考えると
本筋から外れたものであることは否めないですし、
盛り上がりがイマイチなのも当然なのかもしれません。

とはいえ、共通ルートに関してはほぼ文句なし。
主人公の姿を丁寧に描写していましたし、
ヒロインとの関係の変化についてもそれは同じです。
付き合ってからの話にしても短いとはいえ、
二人の初々しいイチャラブにはニヤニヤさせられました。
派手なイベントを挟まずしっとりと話を進めていくのは
このメーカーのゲームに共通する点でしょう。

個人的に引っかかったのはラウンダーの扱い。
今作の場合、ごく普通のまったりとした日常に対する
派手な非日常イベントをラウンダーが担当しているのですが、
この非日常イベントでイマイチ乗れなかったんですよね。
これはラウンダー関係のイベントには
ほとんどヒロインがかかわれなかったことが大きいです。
一応、ラウンダーの中の人であるとはいえ
それでもラウンダーとヒロインは別人ですし、
ラウンダー相手だけのイベントだと盛り上がれないです。
ここらへんはラウンダーの正体を隠すという
縛りがあるので仕方がないとも言えるのですが…。
アルファのように本人がヒロインである場合以外では、
上手く生かせていたとは言い辛いように思いました。


まとめ。
いつも通り、惜しいところのあるQ-X作品という感じです。
ヒロインたちは派手なイベントがないにもかかわらず
それぞれ可愛かったですし、恋人になったときの
「やったぜ!」という感動は十分に味わうことが出来ました。
まあ、そこが頂点だったのが物足りないわけですが。

作品の特徴である地味なのに少し癖のあるキャラと距離感は
体験版でも十分に実感することが出来ますし、
そこを気に入った人なら楽しめるのではないかと。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック