2015/10/10

『僕はキミだけを見つめる』体験版 感想

公式はこちら。
インレ『僕はキミだけを見つめる』
ChuSinguraシリーズが記憶に新しいinreの新作である
『僕はキミだけを見つめる』を体験してみました。

ChuSinguraは途中で同人から商業に移りましたけど、
僕キミはそれ以前に同人で出した同名作品のリメイク。
前々から同人版の評判の良さは耳にしていたのですが、
なかなかプレイする機会に恵まれなかったので
今回のリメイクは渡りに船だったと言えなくもない。

とりあえずサクッと体験版をプレイしてみたのですが、
この作品、エロゲよりも小説に近いですね。
女の子は複数出てくるところはエロゲっぽいのですが、
話の本筋は主人公がガッチリとキープしています。

タイムスリップ+女性化という飛び道具を使っていた
ChuSinguraと比べると流石に導入部は地味ですが、
身内を殺され一匹狼と化した主人公が
少女を護るために暗殺者と戦うという設定は
王道ど真ん中という感じでこれはこれで大好き。
このまま王道を突き進むのか、ChuSinguraのように
途中で変化球を混ぜ込んでくるのか…
どちらにしても退屈しない物語になりそうです。
日常パートも今のところは楽しめています。
ChuSinguraは歴史ネタで面白おかしくしていましたけど、
今回は裏社会ネタをばら撒いていてカバーしてますね。

体験版を触った印象だと基本的には一本道で
女の子を食い散らかしていく構成になるっぽいかな。
自分としては、それなりのボリュームと
最後まで飽きさせない面白さがあれば一本道で問題なし。
この作りだと好みは分かれるでしょうけど、
公式にもイチャラブゲーではないと書かれていますし、
完全にシナリオ勝負の作品なんでしょう。


まとめ。
前作に続いて引き込まれました。
この直球でシナリオ勝負を仕掛けてくる姿勢は好印象。
ただ、購入確定までは後一歩という感じです。
というのも最近、ハードボイルド小説を連続で読んだので
こっち系統のお話は満腹状態なんですよね。
これはもう時期が悪かったとしか言い様がない。

もちろん11月末になると状況が変わるかもしれませんが、
現時点ではファンタジーやイチャラブの方が優先度高めです。

コメント

非公開コメント