手を出したものの感想を書き溜める場所
『アイドルマスターシンデレラガールズ』第22話 感想
いきなりアーニャのソロが炸裂。
うん、やっぱりこの路線はありですわ。
しかし常務、高いところから見下ろすのはよろしくない。
ただでさえ馬鹿となんとかは…ですし。

幸子ユニット、歌を飛ばされる。
こひさちまゆさえという強力なユニットだけに惜しいです。
アーニャの舞台を見て気合が入るCPメンバーたち。
武内Pの熊本弁いいぞ~。
こういうお茶目が出来る辺り、武内Pも成長してます。

しぶりん、既にベテランの貫禄がある。
しかしトラプリのほか二人はやっぱり緊張している模様。
ちゃんみおは改めてしぶりんを激励する辺り、
リーダーとしての気遣いも出来るようになってますね。
それに対して島村さんはどこか空虚な様子で…。

蘭子ちゃんと小梅ちゃんのデュエットいいぞ~。
既存曲でもこういうアレンジをされると新鮮ですね。
次々と登場するユニット。
止め絵だけですけどこれだけ出ると豪華に見えます。

ふみふみ、緊張で倒れる。
アイドル物のライブで犠牲者が出るのはお約束なのだ。
しかしありすふみふみユニットの活躍は見たかった。
ここで咄嗟に対応できる武内P、有能。
常務はせめて現場で対応してればなぁ。
CPは人数が多いだけにトークのネタも豊富そうですね。

トラプリを激励する島村さんと未央。
二人ともいい先輩してるなぁ。
ライブ直前の武内Pとしぶりんのやり取りが夫婦過ぎる…。

トラプリのライブは流石によく動く。
3人が映ってる時間は少なかったですけど
作画は素晴らしかったですし眼福眼福です。
曲もめっちゃかっこいい…これはCOOLですわ。

結果的にライブは大成功。
常務も武内Pの働きを認めて一件落着…かと思いきや。
ついに島村さんの爆弾が爆発してしまった…。
頑張る目標を見失ってしまい笑えなくなった島村さん。
武内Pやしぶりんはまだただの不調と捉えているだけで
事態の深刻さを理解していないようですが…。
次回は更に本格的に落としていくでしょうし、
胃が痛む展開ですね…でも楽しみ!(ひどい
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック