手を出したものの感想を書き溜める場所
スズキ・アルト 試乗感想
先代に比べて大幅に軽量化され、
ついにHV車に並ぶカタログ燃費を叩き出したアルト。
前々から気になっている車だったのですが、
今回ちょうど車検の代車として回ってきたので
ちょっと乗り回してきました。
ちなみにAGSではなくいつものCVT車です。

話題になった外装は個人的には可もなく不可もなく。
全体的なデザインは好きなんですけど
フロントマスクはもう少し複雑にして欲しかったかな。
レトロ感は出ていると思いますけど
個人的にはあまり好きではない顔です。

内装はとても安っぽい。
実際安い車なんだから仕方がない。
とはいえデザイン自体はカジュアルに纏まっていますし、
変に安っぽさを隠そうとするよりも好感が持てます。
でもエアコンパネルのデザインは嫌い。
実際に触ってみるとなかなか使いやすいんですけど、
個人的にはダイヤルがあるのが好きなんですよね。
シートは前席は適度に硬くホールド感もそこそこで
街乗り程度なら特に不満もなく過ごせそう。
後席は平坦過ぎますけど長時間座らなければOKかな?

走り出してまず感じるのは出足の良さ。
するすると滑るように走り始めるこの感じは
先代と比べて大幅な軽量化がされた恩恵か。
流石に加速時にはエンジンが唸りますけど、
それでも街乗りでは十分なパワーを発揮できます。

ただ、悪い意味で軽さを感じる面もあり。
剛性感は十分で足回りも固めなので
平坦な道をゆったり走る分には問題ないのですが
ちょっと路面が荒れると妙にフラフラするんですよね。
硬い足の上に頑丈で軽い箱が乗っている感じ。
軽快さと引き換えにドッシリ感は薄くなっているので
駄目な人は駄目そうな乗り心地かもしれません。
個人的にはあまり好きではない乗り心地です。

燃費は凄いですね。
雑に乗ってもリッター20kmを切らないです。
車体価格も安いですし経済性はかなりのものでは。
アイストは相変わらず違和感がありますが、
マイチェンでSエネが付けば少しは解消されるでしょう。


まとめ。
よくできた足車という感じでしょうか。
安いなりの部分は多々あるものの、
経済性の高さは折り紙つきですし
道具として使うのなら十分な出来だと思います。

ただ自分で買うならやっぱりもう少し上の車かな。
アルトの軽快さも魅力ではありますが、
乗り心地となるとワゴンRの方が好みですしね。
スズキは今後も軽量化に力を入れるようですけど、
こういう乗り心地の車が増えるとなると
購入候補から外れていくかもしれませんね。
小型車ぐらいの重量なら問題ないかもしれませんが。

テーマ:軽自動車 - ジャンル:車・バイク

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック