2015/07/22

『黒翼鳥: NCIS特別捜査官』月原渉 感想

黒翼鳥: NCIS特別捜査官
月原 渉
新潮社
売り上げランキング: 948,510
海軍内の犯罪を捜査するNCISシリーズの二作目。

オスプレイの中で死亡した自衛隊員。
死体の形跡から殺されたことは明らかであるものの、
機内では全員がシートベルトを着用していたこともあり
理論上は自衛隊員を殺せる者は存在しなかった…。

という感じで、いまだに反対意見が根強い
オスプレイを舞台にした密室殺人事件が今回のテーマ。
前作では部外者の出入りできない米軍基地を
巨大な密室に見立てていたのが印象的でしたが、
それに比べると今回の密室はこぢんまりしています。
発想の面白さでは前作といい勝負ですけどね。

前半の探偵役であるディック・ヌーナンはカッコイイ。
軍から引退した元英雄というだけあって
沈着冷静でタフな渋い爺さんという印象です。
なんとなくショーンコネリー的なイメージ。
後半では探偵役をレヴィアに譲ってはいるものの、
美味しいところはしっかり持っていきます。

ミステリーとしての仕掛けは結構強引ですね。
理屈としてはギリギリ通らなくもないんですが、
ギリギリ過ぎて心情的には納得しにくいというか。
逆に犯人の動機や登場人物の心理描写は面白かったです。
兵士の愚かさと悲しさを掘り下げた末に辿り着いた
どこか虚しさの残る結末が心に残る作品でした。

コメント

非公開コメント