2015/07/18

『アイドルマスターシンデレラガールズ』第14話 感想

始まりました。
2期とはいえ1期の続きから始まっているので
ナンバリングは14話になるのが正しいっぽいです。

今回のOPは1期の曲に合わせてのキャラ紹介PVという感じ。
正式なOP披露は次回へ持ち越しかな。
最後を「ただいま」で締めたのはいい演出だと思います。

346プロに降り立った謎の女性。
その正体は会長の娘にして武内Pの上司ミシロ常務でした。
いきなり武内Pのネクタイを直すのかっこいいな。
ちゃんみおの言うとおり、出来る女っぽいです。

このまま新展開かと思いきや話は意外な方向へ。
武内Pの行く先々で現れる謎の影。
そしてそれに怯えるアイドルたち。
まさか1話目がホラーになるとは思わなかったぜ…。
きらりの怖がりっぷりが可愛い。

除霊といえば小梅ちゃんと道明寺だ!
ということで道明寺ちゃんボイス追加おめでとう。
しかしどうやら幽霊は関係なかったらしく
今度はストーカー対策ということで警察と探偵の出番。
早苗さんお約束の逮捕ネタが見られたのは良かったですが、
都ちゃんに声がなかったのはちょっち残念ですね。

ついに奈緒と加蓮がしぶりんと邂逅。
今のところしぶりんに憧れる二人という扱いですが、
この三人がユニットを組むと思うとなかなか熱いですな。
先輩としての自覚を持ちつつあるニュージェネ。
この少しずつ成長している感良いなぁ。

武内Pの周囲を警戒するアイドルたち。
もうこの娘らの方がストーカーじゃないか…
と思ってたらなつきちがキター!
しかもシレッとだりーなとフラグ建てていった!
めちゃくちゃイケメンじゃないか…。
こっちでも新ユニットが生まれそうな予感です。

ストーカーの容疑者扱いされるまゆ。
いやまあ物凄く似合うキャラではありますが、
それ故にフェイクっぽさが溢れてましたね。
それとお姉ちゃんに恋愛ネタはやめて差し上げろ。

ストーカーの正体はまゆだったものの、
その理由は武内Pへの恋愛感情ではなく自分のPの
誕生日について相談するためでした。
正直、武内Pのお相手はニュージェネぐらいまでと
考えていたのでこの判断はよかったと思います。
今後も顔は出さなくてもいいので
色々なPの存在を匂わせて欲しいですね。

今回はこれにて一件落着かと思いきや、
ラストに常務がシンデレラプロジェクトの解散という
爆弾をぶん投げたところで次回へ続く。
奈緒加蓮やなつきちの出番からして
他のユニットを登場させるフラグは建っていましたけど、
こんなに早く動き出したのは意外です。
今まで積み上げてきたものを崩す行為ではありますが、
様々なユニットが増えることで意外なキャラの
出番が増える可能性もありますし、
これからの新鮮な展開に期待したいところです。

どころで桃華ちゃまの出番はまだですかね?

コメント

非公開コメント