手を出したものの感想を書き溜める場所
『異境』 感想
異境
異境
posted with amazlet at 15.06.14
堂場 瞬一
小学館
売り上げランキング: 637,346

上司に反抗して横浜支局に飛ばされた敏腕記者・甲斐。
しかし飛ばされて早々、同僚記者が行方不明になり
その捜査を押し付けられることに。
警察も新聞社もどこかやる気なさげに見える中、
果たして甲斐は真相に辿り着くことができるのか…?

そんな感じで謎が謎を呼ぶ展開を
手堅く踏んでいくサスペンス小説です。
派手な展開や意外性は少なめでインパクトは弱いですが、
そこはベテランの業で飽きさせない造りになっています。

行方不明の記者が嫌われ者だったということもあって
甲斐以外は誰も真面目に探そうとしないのですが、
そのせいで誰が真相を知っている黒幕なのか
終盤までハッキリしなくなっているのは面白い。
甲斐に対して好意的な相手まで怪しく見えてくるのは
完全に作者の術中にはまってる感があります。

甲斐の性格は主人公としてはちょっと珍しいか。
有能でありながらも余計な一言を我慢できないせいで
周りに敵を作りまくるタイプという感じですね。
こういう人間を成果を上げているから使い続けるか、
場の雰囲気を悪くするから外すかは迷うところ。

上司や同僚に対してきつい態度を取ったかと思えば
行方不明とはいえそれほど親しくない同僚を
必死で捜索しはじめたりと、根は悪くないとはいえ
付き合いづらいことこの上ない人間だと思います。
自分としては明確に敵対する気はないですけど
あまりお近付きになりたくないタイプですね。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック