手を出したものの感想を書き溜める場所
『兇』矢野隆 感想
兇
posted with amazlet at 15.05.19
矢野隆
徳間書店
売り上げランキング: 1,290,225

幕末を舞台にしたハイパー青春剣戟小説。
ハイパー青春剣戟小説と書くとなんじゃそりゃですけど、
実際読んでみるとまさにそんな感じでした。

水上守弥は旗本の次男坊であり剣だけが取り得の男。
そんな彼が山岡鉄舟の配下として京都に派遣され、
かの有名な人斬り・岡田以蔵に出会ったことで
血を血で洗う血闘の幕が上がることに。

主人公である守弥は基本的にお人好しの坊やで
殺すためだけに生きてきた以蔵とは対象的な存在。
だからこそお互いを認めることが出来ず
何度もぶつかり合うというのは物語の王道ですね。

剣戟描写は良くも悪くも漫画チック。
特に守弥がピンチになったときに発動する紅の世界は
ゼロの領域とか種割れとかそんな感じの描写で
ハードボイルドというよりはラノベっぽかったです。

そこら辺も含めて全体的に若い雰囲気の漂う作品。
ストーリーもキャラも割とシンプルなので
すらすらと読める反面、若干物足りなさも。
決して面白くないわけではないですし、
この中途半端さが一つの味になってるのも確かですが…。
しかし土方さんは兄貴分としては便利なキャラだなぁ。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック