手を出したものの感想を書き溜める場所
『早雲の軍配者』富樫倫太郎 感想
早雲の軍配者
早雲の軍配者
posted with amazlet at 15.05.19
富樫 倫太郎
中央公論新社
売り上げランキング: 323,634

北条、武田、上杉の軍配者を描くシリーズの1作目。
今回は北条家の風摩小太郎が主人公です。

「早雲の軍配者」というタイトルではありますが、
作中での小太郎の軍配者としての活躍はほとんどないです。
物語の大半を占めるのは後に北条、武田、上杉で
軍配者となる風摩小太郎、山本勘助、曾我冬之助という
3人の出会いと彼らの青春時代の話になっています。
そんなわけなので軍師者としての物語を期待していると
拍子抜けすることになるかもしれません。
小太郎が活躍するのも早雲が死んでからですしね。

とはいえ時代小説としては面白かったです。
両親を失い残された妹を養うために下働きに励む小太郎。
そんな彼の才を見出した早雲は小太郎を足利学校に入学させ、
次世代の軍師として育てることを決意します。
ここら辺の流れは当時の庶民生活と関東の勢力争いが
上手く絡められていてしっかり時代小説しています。

小太郎が足利学校に入学してからは
純粋な小太郎、人間不信な勘助、要領のいい冬之助という
バランスのいいトリオの青春物語が展開されることに。
仲の良かった学友が敵味方に分かれて戦うというのは
一歩間違えると悲劇ですが、この作品の場合は3人とも
全力で戦いという熱血展開なので雰囲気も爽やかでした。

ただ、小太郎の活躍が少なかったのは残念ですね。
今回は軍師としては冬之助の方が目立っていましたし、
残り2巻は実質勘助が主人公ということを考えると
少年編の主人公である小太郎は割を食った感があります。
軍配者シリーズを名乗っている割には
3作品とも軍配者の活躍が少なめなのが残念ですが、
どの作品も物語としては楽しめる出来でした。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック