2015/05/08

『江戸へ吹く風』岩井三四二 感想

江戸へ吹く風
江戸へ吹く風
posted with amazlet at 15.05.19
岩井 三四二
文藝春秋
売り上げランキング: 884,459

戦国末期の里見氏に仕えた百人衆の一人、
金丸強右衛門の波乱万丈の人生を描いた歴史小説。
…波乱万丈というにはちょっと地味か?

百人衆といえば何やらかっこいいですが、
実際は半農半士のちょっと裕福な農民のようなもの。
戦があれば下人と一緒に出陣するものの
主な収入源は農業や漁業、商売だったりします。
こういう現代人でも共感しやすい日常生活に追われる
中世人を描くのは岩井さんの十八番ですね。

内容としては秀吉の北条征伐から
徳川幕府での大久保家改易事件辺りまで。
戦国末期を何とか生き延びようとした里見家ですが、
最終的には大久保家に連座して改易されることに。
まあこの時期になると大大名でも幕府の言いなりですし
小大名が軽く潰されてしまうのも仕方がないです。

更に下っ端である強右衛門となると大したことが
出来るはずもなく日々の生活に終われるだけ。
しかしそんな生活を面白おかしく見せるのが岩井さん。
嫁からせっつかれたり、余所者と喧嘩したり、
息子の将来を心配したりとどれもこれも
単純明快な出来事なので現代でも分かりやすい。
それでいて喧嘩であっさり人が死ぬところなんかは
戦国時代を感じさせたりしますし、
こういう非日常スパイスの使い方もお見事だと思います。

ラストは大きく盛り上がるというわけではないのですが、
下っ端武士の逞しさを見せ付ける展開で爽快感があります。
小さく生きていくのも、決して悪いことではない。

コメント

非公開コメント