手を出したものの感想を書き溜める場所
『アイドルマスターシンデレラガールズ』第13話 感想
最終回です。

いよいよフェス当日。
前回絆が深まっただけあって割と落ち着いた感じで
ミーティングするデレプロのメンバーたち。
新田ちゃんはリーダーとしてテキパキ動いているものの、
その頑張りを見ているアーニャはちょっと心配そう。
後々考えるとこれがフラグだったわけですが。

最終回だけあってフェスに参加するアイドルも多い。
初っ端でおねシンを歌った9人はもちろん、
ユッコやきの子まで出ていたのは嬉しいですね。
とはいえそれでも出ないアイドルも結構いるわけで、
CD組ぐらいは全員出して欲しかった気もします。
……いや、めっちゃ贅沢な話ですけどね!

それでも待ってましたとばかりにボケる楓さん、
そして素直に感心する茜ちゃんと藍子ちゃん、
ここぞとばかりに幸子をびびらす小梅ちゃん、
というように一通り反応させてくれたのは嬉しかった。

そしてここで新田ちゃんが倒れてフラグ回収。
ここの新田ちゃんの表情といい間のとり方といい
ホント辛そうな描かれ方しててきっつい。
そして「新田ちゃんが倒れてラブライカ欠場か…?」
というピンチに蘭子ちゃんが立ち上がる!
ここで熊本弁を使わず主張するのがグッと来ます。

無事出番を乗り切った即席ラブライカですが、
ここでゲリラ豪雨が発生しライブは一時休憩。
そのせいで客も集まっていない状態だったものの、
今のNG三人組はそれぐらいでは怯まない。
特にちゃんみおは前の騒動があっただけに成長が光る。

更に各ユニットが一通り歌った後の全体曲では
満を持して新田ちゃんが復活することに。
ここら辺はご都合主義っちゃそうなんですけど、
ここで新田ちゃんが出なかったら逆にあかんでしょう。
ラストは新曲美麗作画で綺麗に〆てエピローグへ。
ファンレターに喜ぶちゃんみおの笑顔が本当に眩しかった。

これだけ綺麗に終わって二期で何するんだろう…
と思ってたらエピローグで奈緒と加蓮の姿が!
これでトライアドプリムスが来るのは確定かー。
更に女性Pっぽい姿もあったりして、
一期と比べて色々と複雑な展開になるのかな?
そういえば武内Pの過去も結局謎のままでしたしね。

一期について、話に関しては文句なしですけど
ちゃまとニナちゃんが出なかったのは残念でしたね。
キービジュアルがなければ気にならなかったでしょうけど、
あれを見て期待した側にとってはちょっと辛い展開でした。
彼女らの登場への期待も含めて二期を楽しみにしています。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック