2015/03/14

『アイドルマスターシンデレラガールズ』第9話 感想

幸子回だった。

次のデビューユニットは杏、智絵里、かな子。
更に三人組はバラエティに出演することに。
アクティブな三人ではないだけに
バラエティには向いていないような気がしますが…?

ちゃんみおとみくにゃんのツッコミ講座。
やめろ…関西人をツッコミ好きみたいに言うのはやめろ。
智絵里もかな子もみくにゃんたちを信じちゃダメだ。
しかし着ぐるみ武内Pかわいいな。
これは普通に元気付けられるでしょ。

そして!
待合室に!!
幸子降臨!!!!!!
ってお前普段からグラサンかけてんのかよぉ!
しかも待合室間違えるとかいきなり美味しいな!!
紗枝はんとユッキという組み合わせは珍しいですけど、
これはこれで会話とか想像するとなかなか面白そうですな。

CMが明けて番組収録開始。
司会は川島さんととときんかぁ。
とときんは本格的に動くの初めてだったっけ。
幸子たちの登場シーンめっちゃくちゃカワイイ!
でもカワイイボクと野球どすえチームってまた無理矢理な。

番組自体は凄くB級なノリですけど
幸子がカワイイのはもちろん、
他のキャラも満遍なく見せ場を作ってますね。
特に制服紗枝はんの破壊力はしゅごい。
いけない気分になるぐらいしゅごいレベル。

最終決戦はクイズ勝負。
最初は押していたカワイイ以下略チームですが、
本気を出した杏によって一気に追い込まれることに。
って、おっぱいチームにジュピター、レイナサマって
ここぞとばかりに盛り込んできたなぁ。

接戦の末に結果は引き分け。
最後は仲良くバンジーを飛んで終了と。
幸子だけじゃなくみんな飛ばすのが良かったです。
個人的には幸子だけ罰ゲームネタって好きではないので。
後半すっごく雑な感想になってますけど、
幸子見て満足して賢者モードになったせいとかでは、ない。

いや、しかし自分としては大満足でした。
シンデレラプロジェクトのメンバーを見た時は
幸子はモブかと落胆したものですが、
今回の内容はどう見てもメイン級に近い扱いでしたし。
まだまだ出番も声もないアイドルが多い中で
これだけ出番があるのは恵まれていることなのですが、
それでももっともっとと思ってしまうんだから業が深い。
さて、それではもう一回幸子の活躍を見直しますかね。

コメント

非公開コメント