手を出したものの感想を書き溜める場所
『艦隊これくしょん -艦これ-』第8話 感想
『ホテルじゃありません!』

翔鶴轟沈の危機を乗り越えトラック島に到着した吹雪たち。
そしてついに現れた最強戦艦大和。
相変わらずゲーム台詞の唐突さに定評のある艦これアニメだ。

色々な艦娘が集結しているという話を聞いて
ワクワクしていたものの出てきたのはいつものメンバー。
大和の豪勢なおもてなしに舌鼓を打つ吹雪たちですが、
大和はホテルと言われることにトラウマを持っている様子。
ゲームではイベントで大活躍ですけどね。

加賀さん、瑞鶴の扱いが上手くなった気がする。
赤城さんは加賀さんの保護者と化しつつある気がするなぁ。
そして期待通り始まる水着回。
北上様、大井っちより胸大きく見える。
高雄と愛宕の水着のためだけに出てきた感が凄い。
そして暁ちゃんの胸のつつましさに安心する自分であった。

大和を出撃させようとして長門に怒られる吹雪。
しかし提督なら資源が原因だってことが分かるはず。
と思ってたら予想以上に燃費悪かった!
ちょっと動いただけでもあれだけお腹減るもんなんだ…。

吹雪の規律違反を潮干狩りで許す長門優しい。
リスを見てデレデレになってる長門かわいい。
しかし水着回なのに潜水艦の出番がないのは解せぬな。
折角なんだからいつもと違うメンバー出せばいいのに。

今度は大和を船に載せて引っ張ることにした吹雪。
しかし一人では力が足りず夕立と睦月も巻き込んで
いざ、沖へ…てゆーかやっぱり艦娘って重いのね。
そこへ敵機が襲来し大和が一掃。
大和がちょっと自信を取り戻したところで次回へ続く。

うーん、大和紹介回という感じですけど、
内容自体は割と平坦な話だったような気がします。
ながもんや水着の方にインパクトを取られたような気が。
次回は改二回っぽいということは大和関連については
これで終わりってことですかね…ちと物足りないかなぁ。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック