手を出したものの感想を書き溜める場所
『艦隊これくしょん -艦これ-』第7話 感想
『一航戦なんて、大ッッキライ!』

カレー騒動から一転して今回はちゃんと戦闘回。
例によって仲の悪い瑞鶴と加賀に頭を痛める吹雪。
相変わらず加賀さんに対抗心むき出しな瑞鶴ですが、
そんな瑞鶴を庇って加賀さんが大破してしまうことに。
ここで加賀さんのデレが来たか…。

ここはバケツの出番やろ!と思うところですが、
どうやらこの鎮守府ではバケツが枯渇している模様。
まあ、ゲームではバケツなんて大量に貯蓄できますけど、
ここは話の都合で枯渇したことになったっぽい。
そこで加賀さんの代わりに翔鶴が艦隊に入ることに。
というか最初からそうすれば丸く収まってたのでは?
まあ物語の山も潰されますけど。
夕張、地味に出番が多くて美味しいなぁ。
重巡チームや天龍田は名前だけの登場ですし。

相変わらず索敵に拘る吹雪。
どうやら暗号が敵に解読されてるっぽい?
補給もなく暗号も解読済みって結構詰んでる状況な気が。
祥鳳、大破するだけの出番かよぉ!
シリアスな場面なのにちょっと笑ってしまった。

しかし警戒していたのに空母と部隊を分けるのは解せぬ。
どう見ても襲われるフラグにしか見えないぞ。
そして案の定、翔鶴が被弾しピンチに陥る二人。
翔鶴さん、無駄に色っぽい被弾スタイルだ。

そしてスコールに入って時間を稼いでいるうちに
吹雪たちが合流して逆転勝利と。
ヲ級ちゃん、顔面被弾めっちゃ痛そう。
大井っちと北上様の雷撃はやっぱり魚雷数凄いゾ。
沈むかと思われていた翔鶴は何とかフラグ回避。
轟沈が如月のみという状況は変わらず。
話としては物凄く普通であまり語ることがないかなー。

と思ってたら予告でまさかの大和が登場。
なんか唐突感が溢れていますけど大丈夫なんだろうか。
大和が今までも鎮守府に存在していたのか、
それとも大型建造されたのかは気になるところです。
タイトル的にはコメディ回っぽいですけど…。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック