2015/02/12

『グリザイアの果実』 感想

公式はこちら。
『グリザイアの果実』 2011.2.25発売予定
フロントウイング10周年記念作品である
『グリザイアの果実』を今更プレイしてみました。
古い作品なのでちょいとネタバレありなのでご注意を。

今回プレイしたきっかけはもちろん最近放映されたアニメ。
前々から興味のある作品ではあったのですが、
アニメが自分に合っていたので後押しされた感じですね。
アニメ完結後にプレイし始めたのでかなりの部分が
ネタバレされているという、自分としては
珍しい状態で進めることになったのは新鮮でした。

作品の構成としては共通が非常に長かったのが印象的。
アニメと同じように軽快な日常が展開されるのですが、
それでもこれは流石に長過ぎたような気がします。
面白かったのは確かですが、話が進まず先が見えないので
プレイしていて結構な徒労感がありました。
ここはもう少しコンパクトでも良かったような…。
とはいえ、これに関しては自分が最近長時間のプレイに
耐えられなくなっているということもあるかもしれません。

個別に関してはアニメを先に見たのが裏目に出た感も。
天音、蒔菜辺りは先を知っていても面白かったです。
特に天音ルートのサバイバルは改めて読んでも
緊迫感のある描写で最後までゾクゾクさせて頂きました。
一姫のキャラが個人的にストライクというのも大きい。
蒔菜のバッドエンドもなかなかハードで良かったですね。

逆にみちる、幸は間延びしているように感じられましたね。
ただ、アニメの方は逆に駆け足過ぎた感もあったりして…
ここはゲームを先にプレイした方が良かったかも?
由美子はゲームとアニメの話が違っていたこともあって
どちらもそれぞれのメディアに合った内容に感じました。
天音ルート終盤の展開もゲームと違っていましたけど
アニメでは上手くアレンジしていたと思いますし、
ゲーム原作のアニメとしてはなかなかよく出来ていたかと。

しかしこの作品で一番好きなのはやっぱり雄二かな。
ヒロインたちは全員同じレベルで好きなのですが
好き嫌いで言うなら一姫やJBの方が好みでしたし、
そのせいで結構淡々とプレイしてしまった感があります。
ここら辺がコンプまでに時間がかかった最大の原因かと。


まとめ。
予想通り新鮮さは少なかったですが、面白かったです。
天音、蒔菜、由美子は普通に楽しんでいましたし、
みちる、幸にしてもアニメとの違い探しが楽しかった。
旧作ということもあってだら~っとプレイできたのも良い。
……いや1ヶ月以上かかってるのはどうないやねんですが。

さて続編の『グリザイアの迷宮』についてですが、
これがまたプレイするタイミングに迷うところです。
アニメ化が確定していますしそっちを見てからにするか、
それともさっさと買ってプレイしちゃうか。
まあ、新作が豊富な2月に買うことはないでしょうけど、
もしかしたら3月にプレイしてるかもしれませんね。

しかし地下にいる天才…いったいどこのお姉ちゃんなんだ?

コメント

非公開コメント