手を出したものの感想を書き溜める場所
『艦隊これくしょん -艦これ-』第6話 感想
『カレー洋作戦!』

初っ端から何か凄く重い雰囲気を出す長門。
これは3話のようなシリアス回か…と思いきや。

いきなりの第六駆逐隊のお風呂シーン!
暁ちゃんのシャンプーハット可愛いよぉ!!
雷はそに世話焼きっぷりを電に対して如何なく発揮。
響がとこかものぐさなのも自分のイメージに合ってる。
ボーキ大好き赤城さんは徐々に凛々しさが剥がれてきたな。

ドラム缶を運ばされるのを嫌がる暁ちゃん。
そういやうちの暁ちゃん、遠征ほとんどやってないな?
優雅でエレファントには不覚にも笑ってしまった。

そんな中で開かれることになった鎮守府カレー大会。
子供組は去年は鎮守府にいなかったのかな?
レディーとしてのたちなみ(噛んだ)を見せ付けるべく
カレー大会に参加する決意をする暁ちゃんと他三人。
雷の頼られ妄想もたいがいお馬鹿で笑うしかない。

しかしここでライバルとして金剛が登場!
提督LOVE勢としてここは譲れないのは当然ですね。
名前を纏められて怒る雷電かわいいよ。
更に足柄さんまで登場して状況はますますカオスに。
戦闘よりもカレー作りに燃える鎮守府の明日はどっちだ。

とりあえず練習を始める六駆。
仕切りたがりの雷と暁ちゃんは喧嘩する、知ってた。
たまねぎに涙する暁ちゃんかわいいよ!
雷、ジャガイモの実までゴリゴリ削ってるなぁ。
でもなんだかんだで割といい感じで出来そうだったのに
最後にバーナーで消し炭にしてしまったのは惜しい。
響は決めるところは決めるツッコミ役だなぁ。

夕張、戦闘よりも工廠で目立ってる。
明石さんが出ないアニメでは夕張無双になるのか…。
鍋開発音が解体のアレなのは芸が細かい。
間宮さん、六駆に愛情はまだ早いのです。
響、さっきは決めたけどしれっと鍋被ってる。

遠征に失敗して凹んでいる六駆の前に長門登場。
長門、かっこいいこと言ってるけど
やってることは駆逐艦の保護者以外の何者でもない。
遠征失敗演出がゲームそのまんまなのはいいなー。

ついに始まったカレー大会。
霧島さんと那珂ちゃんのアナウンサーコンビ、悪くない。
参加チームには金剛比叡、五航戦、一航戦、島風、
羽黒足柄、六駆というなかなかの豪華なメンバーが勢揃い。
と思ったらみんな速攻で脱落していきやがった!
いや比叡がアレなのは読めてましたけどね!
吹雪は大食い赤城も行ける派なのか…割と懐広いな。
翔鶴さんは特に理由のないエロ被害で大破。
島風がレトルト至上主義なのもお約束。

練習しただけあって真っ当なカレーを作る六駆。
しかしそこに立ち塞がったのはやはり足柄さん!
正直、足柄さんが合コンでモテない説全然納得できない。
料理できるし仕事も出来るし言うことないんだよなぁ。
ノリノリでボス役やってくれるところもいい人だ。

しかし長門の判定では六駆の勝利!
長門は辛口がダメだから仕方がないね。
ノリとしては完全にギャグ回で吹雪もシリアスも
明後日の方向へぶん投げた内容でしたけど、
暁ちゃんが可愛かったのでオールオッケーなのです!
いやもうホント、浄化されました。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック