2015/01/23

『慶長・元和大津波 奥州相馬戦記』近衛龍春 感想

慶長・元和大津波 奥州相馬戦記慶長・元和大津波 奥州相馬戦記
(2012/07/28)
近衛 龍春

商品詳細を見る

奥州の小大名・相馬家。
その相馬家が戦国時代から江戸時代という激動の時代を
如何にして乗り切ったかを描いていく歴史小説です。
相馬家といわれるとあまりピンと来ないのですが
相馬野馬追と言われるとこちらは自分でも知っています。
この相馬野馬追を伝えてきた家なんですね。

主人公である相馬義胤はなかなかの頑固者。
ひたすら「伊達家許さん!」という姿勢を一貫する姿は
歯がゆさを感じるものの、清々しさも感じたり。
とはいえ、そこは小大名の悲しさ。
伊達家に敵対するためには相馬家だけでは足りず、
佐竹に主導権を握られがちなのがままならない。
しかもその流れで関が原の合戦でも西軍につき、
お家存亡の危機に陥ってしまうというグダグダっぷり。
東軍の背後を突こうにも佐竹や上杉が動かない以上、
単独で向かってもボコボコにされますからね…。

とはいえ、その伊達との敵対関係を利用して
伊達を警戒する家康に取り入ったのはお見事。
中央から取り残された時代遅れの小大名が足掻きながら
江戸時代へと適合していく姿は応援したくなりました。

津波関連の話も上手く取り入れられていましたね。
東日本大震災の記憶がまだ薄れていないこともあって
津波の情景も想像しやすかったですし、
その被害から発生する藩の財政難や改易の危機といった
当時特有の問題を描写しているのも興味深かったです。

小大名ゆえに大活躍するような展開はないのですが、
右往左往しつつ家を守るというような話も
どこか身近に感じられて好きなんですよね。

コメント

非公開コメント