2015/01/05

『あせびと空世界の冒険者』2巻までの感想

あせびと空世界の冒険者 2 (リュウコミックス)あせびと空世界の冒険者 2 (リュウコミックス)
(2014/12/13)
梅木泰祐

商品詳細を見る

久々に王道ファンタジー漫画を読んだ気がする。
飛空艇や龍魚の舞う空を舞台にした冒険漫画なのですが、
これがどこか懐かしさを感じさせる内容で面白かったです。

空飛ぶ島々を飛空艇で行き来するという設定は
使い古されたものですけど、自分的には大好物ですね。
ラピュタ世代ですし惹かれてしまうのは仕方がない。

主人公である銃使いの青年・ユウと
アンドロイドの少女・あせびも正統派カップルです。
父の遺志を継いで古代島を目指すというユウの目的は
これでもかというぐらい王道パターンですし、
ユウに尽くしつつ要所要所でツンデレっぷりを見せる
あせびさんはヒロインとして非常に魅力的でした。

天然気味のユウに赤面させられるあせびさんの可愛さは
この作品の大きな魅力の一つでしょう。
あと、あせびさんは性格的には凄く人間っぽいのに
腕が凄くメカメカしく変形するギャップも良いですね。
半人半機好きとしてはたまらんです。

今のところ話は冒険物の定番という感じですけど、
それだけに意外性が少ないのはちょっと物足りないかな。
とはいえ2巻後半では状況が三つ巴になりましたし、
これからどこまで独自色を出せるかが勝負でしょうか。
正統派の爽快感を失くさないまま意外性も欲しい…
と何だか贅沢なことを望んでいますけど、
それだけの期待感の持たせられる作品でした。

コメント

非公開コメント