手を出したものの感想を書き溜める場所
ダイハツ・ムーヴカスタム、ウェイク 試乗感想
ダイハツの基幹車種であるムーヴが
フルモデルチェンジしたので早速乗ってきました。
ついでにデカデカもといウェイクにも乗ってきました。

まずはムーヴについての感想。
グレードは非ターボのカスタムハイパーです。

グレードがカスタムでしかもモデルチェンジの売りである
ハイパーということもあって外装はかなりいかついです。
グリルをクワッと開いてるデザインは自分としては
好みではないのですが、最近の流行には合っているかな。
トヨタ車もでかグリルばっかになってますし。

内装の方ももうコンパクトカー以上ですね。
パーツの色合いゴージャスですし、TFT液晶は綺麗です。
ごちゃっとしたデザインの好き嫌いはともかくとして、
軽自動車の進化が留まるところを知らないのは確かですね。
ただ、横幅の限界のせいでメーターにしろエアコンにしろ
狭苦しい配置になっているのは軽自動車の悲しさか。
こればかりは車体が大きくならないとなぁ。

いざ走らせてみると所詮はノーマルエンジンなので
パワーこそないものの、ボディの剛性感はかなり高め。
最近のムーヴは燃費でワゴンRに負けているせいか
走行性能を売りにしていますけど、宣伝に偽りなしです。
ピッチングは少なくロールも抑えられていて安定感がある。
シートのホールド感も軽にしては上等でしょう。
これならターボだと高速もそこそこ走れそうですね。
営業の人がパッソは超えたと言っていましたけど、
確かにこの出来ならパッソは超えていると思います。

続いてウェイクの感想。
グレードは最上級のGでこちらはターボ付き。

外装は…背が高い! 中に入っても…天井が高い!
いやもうこの異様な背の高さが全てでしょう。
軽の横幅でこの背の高さはやっぱりギョッとします。
運転席に座っても天井が高いうえにフロントガラスが
結構前にあるので目の前に異様に広い空間が広がってます。
最初は落ち着かないんですけどこれに慣れてしまうと
普通の車に乗ることが出来ないかもしれません。

肝心の走りの方はというと、これは意外と普通。
これだけ縦長だとまともに走るか心配だったのですが、
流石はダイハツ、こんな形でもちゃんと走っちゃいます。
足回りが硬めなこともあって普通の速度で
普通に曲がった程度ではロールもほとんど感じません。
それ以上の速度となるとフラッとしますけど、
それは他の軽ワゴンでも同じですしね。
でもターボでも結構重さを感じるのは痛いかなー。
ノーマルエンジンだとちょっとした坂道でも死にそう。
走行安定性という面では予想以上の出来でしたけど、
重さだけはどうしようもなかったか。


まとめ。
ムーヴ、ウェイクともに非常に気合の入った車でした。
軽自動車を豪華にすることに否定的な意見も多いですが、
自分は軽の枠で必死に足掻くダイハツは嫌いじゃないです。
軽メーカーとしてコンパクトカー購入層を引き込むのは
当然の方針ですし、コンパクトカー側も軽に負けないよう
お互いを高めあっていい車を作って欲しいところです。

一方の雄であるスズキはというとハスラーが大ヒットして
ワゴンRはHV化し、本日は例のアルトがついに発売。
最近の流行からするとシンプルなワゴンRよりも
ゴテゴテしたムーヴが売れそうな気はしますが、
シンプル過ぎるアルトとなるとこれはまったく読めません。
ウェイク、ムーヴ、アルトの販売によって
軽自動車の勢力図がどう変わるのか、目が離せませんね。

テーマ:軽自動車 - ジャンル:車・バイク

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック