手を出したものの感想を書き溜める場所
『酷: ハーシュ』前川裕 感想
酷: ハーシュ酷: ハーシュ
(2014/02/21)
前川 裕

商品詳細を見る

表紙の通り、手斧を使った連続殺人事件を追う物語。

前川さんの作品はミスリードの多さが特徴ですが、
この作品では特に多く取り入れてるように感じました。
作中では結構頻繁に視点が切り替わるんですけど、
Aから見たBが怪しかったりCから見たAが怪しかったりと
どいつもこいつも怪しく見えてくるから困ります。
捜査する側の警察官たちにしてもやたらと
思わせぶりな言動をとってなかなか信用できません。
主人公である手塚以外の全員に容疑をかける勢いです。

しかし手斧で頭を叩き割るという派手な犯罪が
お題の割には話の展開自体は結構地味ですね。
手塚刑事にしても聞き込みメインで事件を追いつつ
最後にちょこっと推理という地味な活躍っぷり。
とはいえ、これだけ疑惑の人物をばら撒かれると
彼らの行動を追っていくだけで楽しめたのも確かです。
メインっぽい人物が意外なタイミングで死ぬせいで
ちょっとしたバトロワ的な雰囲気も持っていたり。

盛り上がる展開こそ少ないものの意外な展開は
少なくないのでなんだかんだで最後まで楽しめました。
「おおっ」と驚くのではなく「ほう」と感心しながら
ページをめくっていく作品という感じですかね。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック