2014/10/25

マツダ・デミオXD Touring 試乗感想

噂のクリーンディーゼルデミオを試乗してきました。
グレードはXD Touring。
ホワイトレザー以外は振る装備の豪華グレードです。
内装やドラポジについては既に語っていますし
いきなり走りの方の感想に行きましょう。

まずディーゼル特有の振動や騒音についてですが、
これは低速域ではそれなりに感じられました。
とはいえ、車内にいる限りはかなり抑えられていますし、
車に詳しくない人なら気付かないレベルだと思います。
普通車と軽自動車の間ぐらいの振動という印象ですかね。
カラカラ音はするものの、それでも軽よりは静かかと。

しかし速度が上がると印象は変わってくるんですよね。
回転数が低くてエンジン音はガソリン車より静かですし、
振動についても車重が重いせいか、1000kg級の車より
ずっとどっしりした挙動に感じられます。
こういうのを実感すると高速走行がメインなら
ディーゼルがお勧めという考え方も理解できます。
ロードノイズもデミオGより少なかったですけど、
これは遮音材やタイヤの違いのせいかな。

最大の売りであるトルクも素晴らしかったです。
うちの近辺の試乗コースには急な坂道があるんですけど、
それでも回転数が上がらないままスイスイ登っちゃいます。
2リッタークラスでもエンジンが唸る坂道でこれは凄い。
流れの速いバイパスでの追い越し加速についても文句なし。
絶対的なパワーはないとはいえ、回転数が上がらず
加速していく快適性は他のコンパクトカーとは別格です。

低速粋の挙動にしてもデミオGでは重く感じたのですが、
今回のデミオDは非常に滑らかに進んでいきます。
6ATにしてもデミオGでは結構ガクガクしていたのに対して
デミオDでは全域にわたって滑らかになっていますし
完全に1クラス上の車と思っていいでしょう。

とまあそんな感じで良い車なのは間違いないですが、
軽快感についてはほぼ感じられなかったのもまた事実。
デミオGでもセダンのようだと言いましたけど、
デミオDはG以上にその傾向が強いです。
常にグググっと踏ん張っている感じが強いので
小型車らしいヒラヒラとした挙動は求められません。
タイヤがインチアップされていることもあって
走りの安定感自体はデミオDの方が上なんですけど、
ハンドリングの軽快さではやっぱりデミオGですかね。


まとめ。
面白かった(こなみかん
デミオDはスポーティーという感じではないんですけど
高速ツーリング重視な使い方をするなら
そこらのセダンを買うよりいいんじゃないでしょうか。
グレード名のツーリングの名前は伊達じゃない。
ハンドリングにしても軽快さこそ薄れたものの
曲げただけ曲がるという感じで決して悪くはないです。

同じく走りの雄であるスイフトと比べると
あらゆる点でワンランク上になった感はありますが、
コンパクトカーらしい軽快さという点を重視するなら
スイフトという選択も十分ありな気はしますね。
でもスイフトは今の価格だと自動ブレーキがないのが
他車と比べて不利なんだよなぁ。

コメント

非公開コメント