手を出したものの感想を書き溜める場所
『ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-武士の鼓動(A samurai’s beat)』体験版 感想
公式はこちら。
インレ『ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1-武士の鼓動』
忠臣蔵女性化シリーズで一躍有名になったインレの新作、
『ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動
(A samurai’s beat)』を体験してみました。
タイトルめっちゃ長いねん。

内容としては、基本的に前作をプレイしていないと
まったく付いていけないこと間違い無しという
完全に初心者オコトワリなFDになっているのですが、
その一方で今回のネタはかの新撰組ということもあって
話の規模はFDの枠には収まらなさそうな気がします。

今回の体験版の主な内容は前作で赤穂浪士の面々を
どうやって助けたのかということについてのネタ晴らし。
完全にご都合主義のギャグ展開になっているので
これは前作クライマックスにいれなくて正解だったかも?
しかし将軍といい妹といいロリ率の高い導入部である。

とりあえず将軍を説得して赤穂浪士の面々も説得して
300年後へタイムスリップ!というところで体験版は終了。
肝心の新撰組の面々は最後にちょこっと出るだけなので
微妙に不完全燃焼な体験版だった感はあります。
せめて新撰組と出会うところまでは見たかったかな。

個別ルートは設定的にもなさそうですね。
前作からしてループからのハーレムエンドでしたし、
今作も色んなキャラのエロをぶち込んだ一本道でしょう。
体験版からして複数のシーンが入ってたりしますが、
基本的にギャグなのでエロさに関してはそれほどでも。
流石に全キャラのエロはなさそうですが、
そこを頑張って作っちゃいそうなのがここのスタッフ。
サンプル見ただけでもかなりのエロが含まれてますしね。


まとめ。
前作が前作で結構カッチリ完結していただけに
FDの情報を見たときには「新撰組?何故に?」という
感じだったのですが、体験版を触った現在でも
その「何故に?」を完全に払拭できたとは言い難いです。
……だって新撰組ほとんど出てないんだもん!

体験版自体はそこそこ面白かったんですけど
「製品版が欲しい!」とまでは行きませんでした。
11月の有力候補ですが確定まで後一歩という感じですね。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック