2014/10/10

『ガンダム Gのレコンギスタ』第3話 感想

「モンテーロの圧力」

OPの穏やかな導入から激しく転調する感じ、好き。

G-セルフの盾がボコボコになってるのいいなぁ。
大人たちのゴチャゴチャした言い争いが実に富野節。
大佐はどう見ても腹黒なのがむしろ清々しいです。
ベルリ、お母さんのことを「母」って呼ぶのは珍しいな。
でも今のところ親子関係は良好っぽいですね。
富野アニメにしてはちょっと珍しいかも。

そして初登場の自称・天才クリム・ニック。
MSもスマートですしいかにもプライドが高そうな男ですね。
死んだ大尉のこともボロクソに言ってますし。
…と思ったらいきなりのトイレで一気に和んだわ!
トイレシーン一つでここまで愛嬌が感じられるとは。

アイーダが気になるベルリに嫉妬全開のノレドかわいい。
ラライヤは精神不安定過ぎですけど今後落ち着くのか…?
ラライヤがG-セルフを動かせたことはアイーダも知らない?

アーミーに宣戦布告する天才。
豹がモンテーロに驚くシーンがレトロで印象に残りました。
カットシーが式典の飾りになってるシーンは
アーミーのだらけっぷりが実感できるいいシーンですね。
でも空襲警報とかあったりして、相変わらず平和なのか
戦時中なのかよくわからない世界観である。

天才は敵MSの足や武器を狙ってるところを見ると
意外と優しいのか甘いのか人を殺す度胸がないのか。
ジャベリンって槍かと思ったらムチなんですね。
流石、天才を名乗るだけあってモンテーロ無双…
と思ったら、デレンセン教官に普通に負けそうになってた!
天才が大したことないのか教官がメチャ強なのか。

そしてベルリくん、普通にそのまま連れて行かれましたよ。
そらアイーダに操縦させたらそうなるわなぁ。
物凄く平和な拉致られかたですけどそこはGレコらしい。
母の「うちの子ですか!?」という驚き方にも和みました。

てゆーかトイレで終わるのかよ!
女子の前で用を足すとか羞恥プレイなのかご褒美なのか。
それをしれっとこなすベルリくんはホント大物やわ…。
そろそろEDが来るぞと身構えていたのに
その前に脱力トイレソングが来るとは予想外すぎるでしょ。
ホント、色々と規格外なアニメです。

コメント

非公開コメント

トラックバック

ガンダム Gのレコンギスタ 第3話「モンテーロの圧力」

ガンダム Gのレコンギスタの第3話を見ました。 第3話 モンテーロの圧力 アイーダを救出できず、カーヒルが殉職したことでモンテーロを操縦するアメリア大統領の息子であるクリム・ニックがアイーダを救出しようとモンテーロで出撃してくる。 「あなたの出迎えが来たんですよね?」 「仲間は大尉だけではありませんから」 「大佐は3階からならコクピットに行けるって言ってたけど…信じ...