手を出したものの感想を書き溜める場所
『ごみを喰う男』中村敦夫 感想
ごみを喰う男ごみを喰う男
(2007/01)
中村 敦夫

商品詳細を見る

タイトルからは微妙に内容が解りにくいのですが、
産廃問題をテーマにした社会派推理小説です。

物語はとある和尚が死体を見つけたところから開始。
この和尚が妙に落ち着いていると思ったら
実は元敏腕刑事だったという設定が設定が面白いです。
探偵役でありながら刑事として情報を引き出すことができ、
更に坊主としての仕事までするという一人三役状態。
立場による情報収集能力はかなり強力な武器でしょう。

とはいえ事件自体も結構複雑で、選挙で二つの勢力が敵対し、
その周りに有象無象が群がっている状況での殺人なので
誰が手を下したかなかなか絞り込めないのが難しいところ。
被害者の遺族をつついたり他の殺人事件を掘り返したりして
少しずつ外堀を埋めていく展開は地味ではあるものの
絡みまくった糸を解きほぐすような楽しさがありました。

ただ、事件や真犯人については面白かったんですが、
なまじ殺人事件の謎解きが面白かっただけに
作者本人が伝えたかったゴミ問題が浮いてしまった感も。
後書きでも書かれているようにかなり気合を入れて
薀蓄を述べているのは解るのですが、正直なところ、
この薀蓄部分だけは知識の垂れ流し状態なんですよね。
自分はこういう薀蓄自体は結構好きなんですけど、
小説としてはこういうどこかから引っ張ってきた知識を
紙に載せただけに見える部分はマイナスポイントです。
ここら辺をもう少し自然に小説内に溶け込ませられたら
読後の違和感も少なかったでしょうね。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック