手を出したものの感想を書き溜める場所
『微笑む人』貫井徳郎 感想
微笑む人微笑む人
(2012/08/18)
貫井 徳郎

商品詳細を見る

「本を置く場所がないから」という理由で家族を殺害した
殺人犯の心理に迫っていくサイコサスペンス。

まず最初の掴みが素晴らしい。
「本を置く場所がないから」という殺人の理由を聞くだけで
この犯人がどんな闇を抱えているのかドキワクでしたよ。
そしていざ、犯人についての情報を集めてみると
ほとんどが良い評判しか聞こえて来ないという展開。
しかしそんな中にちらりと紛れ込んでいる
不穏なエピソード、という話の構成も実に美味しいです。
流石は貫井さん、読者を釣る術を心得ていらっしゃる。

そんな感じで終盤まではいい感じに続くのですが、
結末のぶん投げ方はよろしくなかったです。
他人を理解することは不可能というオチにするにしても、
あくまでこの殺人犯に焦点を当てて欲しかった。
この最後の最後で話がブレる気持ち悪~い感じも
作者の狙い通りな気もしますが、面白いかどうかは別。
後味の悪さを狙うにしてももう少しやりようがあったのでは。

とはいえオチ以外の部分は面白かったですし、
オチにしてもこれほど分かりやすい「やっちまった」感は
なかなか体験できないので色々と興味深い作品でした。
こういう常道崩しをしたい気持ちも分からなくもないですし。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック