手を出したものの感想を書き溜める場所
『沈底魚』曽根圭介 感想
沈底魚 (講談社文庫)沈底魚 (講談社文庫)
(2010/08/12)
曽根 圭介

商品詳細を見る

第53回江戸川乱歩賞受賞作。
今回は本格ミステリーよりもスパイ小説寄りですね。

中国に漏れていた日米の機密文書。
その原因を公安が探ることに…というのが物語の出発点。
しかし情報を追っていくうちに公安の操作情報も漏洩。
現場の捜査官同士も疑心暗鬼に陥って行くことに。

という感じで、ひたすら状況が混沌としていく小説。
スパイが判明した、と思ったらそいつが二重スパイで、
更に疑ってみると三重スパイのようにも見えてくる。
怪しいヤツ相手に頑張って調査を進めたのに
実は相手が警察上層部が極秘で飼っているスパイで
いきなり調査を止められたりしてるのを見ると、
現場の捜査官が切れそうになるのも分かります。
そもそも日米の機密にしても日本や米国が
中国を釣るためにわざと流した可能性もあるわけで…。
ホント、何処まで裏を予想すればいいのやら。

二転三転する状況を書いているだけなので
人物描写の深みなんかはそれほどでもないのですが、
とにかくひっくり返りまくる状況を追っていくだけで
十分以上に楽しめるエンタメ作品でした。
オチの投げっぷりもこれはこれで爽快です。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック