2014/09/09

『かつて魔法少女と悪は敵対していた。』第1巻 感想

かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)かつて魔法少女と悪は敵対していた。(1) (ガンガンコミックスJOKER)
(2014/07/22)
藤原ここあ

商品詳細を見る

『妖狐×僕SS』が有名な藤原ここあさんの新作。
悪の組織の幹部である鬼畜メガネと純朴魔法少女の
ほのぼのとした日常を描く4コマコメディ漫画です。

自分にとって好きなカップリングは多々あるのですが、
美形で有能で悪党ぶっているメガネ主人公と
純粋で薄幸気味な美少女の組み合わせもその一つ。
こういう組み合わせは主人公の馬鹿さが見どころですが、
この作品もそんな期待にしっかり応えてくれます。

まず始まって速攻で魔法少女に惚れているのが面白い。
ちょろい主人公の中でもここまでのは珍しいですね。
それ以降はひたすら魔法少女にデレ続けるのみ。
ツンが1コマすら持たないことも珍しくないです。
あと、ショックでメガネが割れるギャグも大好き。
やっぱ主人公を見てニヤニヤできるのはいいですわー。

魔法少女ちゃんの薄幸っぷりも楽しいですね。
お金のために魔法少女になったというとアレですが、
実際は本当にお金がなくて騙されてなったのがもうね。
何気におっぱい大きかったり触手攻めされたり
ビデオ売られそうになったりと活躍ぶりも素晴らしい。

この魔法少女物のお約束を逆手に取った面白さは
少女マンガをネタにしてる野崎くんに通じる物がある。
野崎くんが一般向けだとするとこっちの方は
メニアック向けですがどちらも面白いのには違いなし。
ネタとしてはこっちの方がストックが少なそうですけど
それでも1クールアニメぐらいは作れそうですし、
今後の展開が楽しみな作品です。

コメント

非公開コメント