2014/08/16

『なないろリンカネーション』体験版 感想

公式はこちら。
なないろリンカネーション 伊予
エルフから分裂したシルキーズプラスのデビュー作である
『なないろリンカネーション』を体験してみました。
エルフといえば最近は何をやっているのか、
エロゲ業界で限りなく存在感が薄くなっていたような。
しかし今回のライター、絵師はきゃんでぃそふとにいた
もっと姉しよ、ガンナイトガールのコンビですし、
作品としては手堅い出来になりそうです。

今回の体験版の内容は物語の序盤部分。
祖父の家を継いだ主人公が座敷わらしや鬼といった
不思議生物と出会い、街を彷徨う霊魂を成仏させるという
自分の役割を受け入れるところまでになっています。
雰囲気としては、エロゲでもたまーにある妖怪たちとの
ほのぼの日常物に近いような印象を受けました。
ヒロインは可愛いですし、会話も見ていて楽しかったです。

話の展開としては、霊を扱うだけあって
若干お涙頂戴気味な終わり方で〆る感じになるのかな。
体験版は綺麗にまとめていたと思いますけど、
バリエーションを作るのが難しそうな設定な気もします。
ここら辺はライターの腕の見せ所ですね。

ただ、話の展開が妙に速いのは気になりました。
主人公が非日常に巻き込まれてそれを受け入れて
琴莉と出会って桔梗さんとエッチして鬼が生まれて
犬を成仏させて琴莉と仲良くなって桔梗さんが成仏する。
という感じで、なんだかダーッと話が進みます。
話の流れは定番ですし間延びしてしまうよりはマシですが、
もうちょっとだけ落ち着いて進めても良かったかも。
まあ、自分は遅いよりも速い方が好きですけど。

公式ページを見るとヒロインは7人っぽいですけど、
攻略ルート的には3ルート+αになるらしいです。
とりあえず体験版を触った印象からすると、
ロリ座敷わらしである伊予が真のヒロインっぽいですね。
ロリババアとしてもロリ姉としてもレベル高し。
お風呂での対応はクッソ可愛くてニヤニヤさせられます。

それに対して看板ヒロインである琴莉は正統派。
主人公との出会いから懐くまでの流れも王道で、
性格も非常に分かりやすい「良い子」という感じです。
個性は薄めですが、メインヒロインとしてはわかりやすい。

由美、葵のキャラは体験版でも掴めますね。
由美は普通に考えれば主人公の元カノっぽいですが…。
葵は元気系ヒロインとして場を騒がしてくれます。
芙蓉の出番は一瞬でしたけど、お色気担当の桔梗さんの
生まれ変わりと考えればキャラ自体は分かります。
梓、アイリスはもう少し見せて欲しかったかも。
まあ、それほど捻ったキャラではないようですし、
公式を見ればだいたい分かった気にはなれますけど。


まとめ。
全体的に手堅く纏まった作品という印象でした。
話の展開は早いですけど、基本的には王道展開なので
ついて行けないというようなことはないですし、
キャラの性格もいいので終始読みやすかったです。
ただ、話の流れがお涙頂戴なのは好みが分かれそう。
今後も同じ流ればかりになると流石にダレるでしょうね。
そういう不安を払拭するという意味でも、
体験版でもう少し先まで見せて欲しかった気もします。

といはいえ、現時点では面白かったですし、
伊予がキャラ的にドストライクということもあって
9月勢の中では有力な購入候補であることは確かです。

コメント

非公開コメント

ギャフンと言わせておいて申し訳ないのですが、ライターさんが今日「ルートは3つだけじゃない」と言ってました。
インタビューにあった「攻略ルートのあるヒロインは3人」ってのが本当なら、ルート構成がおぼろげにわかるような……

ともあれ、伊予様良かったですねー。
設定とか存在感とか明らかにメインヒロインの貫録。伊予様ルート無かったら訴訟ですよこれは。

ふおおおお、これは予想が当たっていればかなり嬉しい構成になりそう!やったー!!
情報ありがとうございました!
ギャフン消しときます!