2014/07/15

『ブラック・ブレット』第4巻 感想

ブラック・ブレット 04 (電撃コミックスNEXT)ブラック・ブレット 04 (電撃コミックスNEXT)
(2014/06/27)
もりのほん

商品詳細を見る

コミック版ブラック・ブレッドの4巻目。
アニメ終了のタイミングに合わせてか、こちらも完結です。
小説、アニメ、コミックと展開されていた黒パンですが、
自分としてはこのコミック版が一番面白かったですね。

小説は良くも悪くも普通のラノベという感じですし、
アニメの方は動くロリ組こそ凄くかわいかったものの、
話の見せ方や演出面では物足りない部分も多かったです。
その点、このコミック版は色々とシーンが追加されていて
少年漫画っぽい熱さの濃い作品になっています。
将監と夏世のエピソードとかめっちゃ好きやねんな。

この最終巻でも熱さは健在。
原作では1巻終盤に過ぎない影胤戦を、まるでシリーズが
完結しそうなぐらいの盛り上がりで見せてくれます。
アクションシーンはド派手に動きまくりですし、
瀕死の状態からロリコンパワーで復活するのとか熱過ぎる。
天の梯子撃つときの蓮太郎と延珠とのやり取りに
サラッと天誅ガールズ混ぜてくるところとか痺れます。
もう延珠が嫁でいいんじゃないかな。

分量としては原作1巻分のコミック化なの
「俺たちの戦いはこれからだ!」という終わり方ですが、
これだけ盛り上がると燃え尽きた感がありますね。
とはいえ、漫画としての出来が良いので
続きが見たくなるのもまた事実なんですけど…。
アニメ二期が決まれば復活したりするのだろうか。

そんな感じで、アニメで感じていた不安点を
ほぼ全て解消したと言っても過言ではない作品でした。
アニメを見て世界観やらキャラやらに興味を持った人なら
このコミックを読めばもっと作品を好きになれるはず。
もしアニメ二期があるなら、このコミック版ぐらい丁寧で、
それでいて熱いノリでやって頂きたいところです。

コメント

非公開コメント