手を出したものの感想を書き溜める場所
『できない私が、くり返す。』体験版 感想
公式はこちら。
『できない私が、くり返す。』を応援しています!
ブランド乱立状態だったあかべぇ系列のうち、
いくつかのブランドが統合されて出来たあかべぇそふと3。
その新作『できない私が、くり返す。』を体験してみました。

公式を見るとメインヒロインである詩乃が
病死することはわかりますし、実際に体験版で死にますが、
作品の雰囲気自体は結構前向きで明るい感じでしたね。
泣きゲーで有名な鍵のゲームの序盤に近いノリ。
主人公が旅人って設定はAirを思い出すなぁ(古い
…ってことはやっぱり終盤あわわな展開になるのか?

病死までが早いせいであっさりしてる感はあるんですけど、
序盤から苦しい闘病生活を描写されるとこちらの心が
へし折られそうですし、この展開の早さは悪くないかと。
死亡してループした時点で体験版が終わるというのも
タイミングとしては申し分のない切り方だと思います。

しかしループ物としては決着が難しい設定のような?
未来を変えるためにループするいうのは定番の流れですが、
それが病気相手となるとどうすればいいのやら。
主人公がループしまくって医療スキルを限界まで上げて
治療法を見つけるみたいな無茶展開しか思い付かないぞ。
もしくは謎の奇跡パワーで助かるとか?
この手の展開は描写の仕方次第では泣けるんですけど
一歩間違えれば完全に醒めてしまうのが難しいところです。

あと、他のヒロインに浮気するのもかなり厳しそう。
詩乃のためにループしてるのにどうやって他ヒロインと
イチャコラする展開に持っていくのか…ちょっと心配です。

まあそれはさておき、ヒロインは皆可愛いですね。
病死ヒロインである詩乃は明るくて見ていて和みますし、
お礼を言われたらやたらと照れるというのも良い個性。
これは病気抜きでも守ってあげたくなる娘だ。

カレー屋見習いの未喜はまだまだ幼い可愛さって感じで
恋愛に興味なさそうですけど、そんな娘だからこそ
どういう流れで恋愛関係に入っていくのか気になります。
兄貴と殴り合う展開はありそう。

漫画オタクなゆめは今のところ目立った活躍はなし。
時計に見覚えがあるということは漣関係の話になるのか?
でもサンプルを見ると親友がヤンデレっぽいですし
良くも悪くもドッキドキなルートになりそうです。

天然スポーツ少女藍里は一番普通のエロゲらしい娘。
特に影もなさそうですし、普通のエロゲのような
普通のイチャラブルートでも問題なさそうですけど、
詩乃の親友というのが大きな壁になりそうな気も。
この娘とくっつくと詩乃が死ぬとかだったら
罪悪感わきまくってイチャラブどころじゃないわな…。

あとは事の発端であるロリお姉さん漣。
既に死んでいるっぽい描写のされ方ではありますが、
公式のキャラ紹介では生死不明扱いですし、
デモでの扱いの大きさを見ると再登場するのかな。
真のヒロインでもおかしくない立ち位置ですがはてさて。


まとめ。
難しそうなテーマですが、それだけに先が気になるのは確か。
今のところ、日常会話は面白くてキャラも可愛いですし、
久々に泣きゲーをプレイしたいということもあって
個人的には頑張って頂きたい作品ですね。
とりあえず優先度高めの購入候補ということで。

8月の発売スケジュールを見ると結構スカスカですし、
月末はこれ以外だとういんどみるがあるぐらいかな。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック