手を出したものの感想を書き溜める場所
『深海大戦 Abyssal Wars』藤崎慎吾 感想
深海大戦  Abyssal Wars (単行本)深海大戦 Abyssal Wars (単行本)
(2013/08/30)
藤崎 慎吾

商品詳細を見る

近未来の深海を舞台に人型兵器がバトる深海SF。

今回はシリーズ物の一作目という位置付け。
内容としては、ばら撒かれる謎が多い割には
話の展開は遅めで、主人公の初戦闘も終盤です。
薀蓄を少なくすれば一冊にできたような気も。

ただ、深海を舞台にしたバトルという設定は
魅力的ですし一冊で終わらせるのが惜しいのも確か。
調査から戦闘までこなす様々なメカたちや
特定国家に属さず海上で暮らすシー・ノマッド。
海底開発を妨害する敵の狙いや海の精霊の正体など
まだまだ話は広げることができそうですしね。

色々と薀蓄の多い作品ではあるのですが、
こういう設定を読むのが好きなら楽しめるはず。
近未来の経済や深海開発の手法も面白かったですが、
一番面白かったのはやっぱり深海バトルですかね。
音響迷彩による近接戦やサポートマシンとの連携、
人型と蛸型のバトルなど、見どころが多かった。
今のところ操作性に優れる人型に対して
使いこなせば強い蛸形という位置づけですが、
続き物ということもあって主人公機である
最新鋭の人型の真価が見られなかったのは残念。
まだ色々秘密を持っていそうではあるのですが…。

目次の付け方を見ると前後編っぽいですし、
早く結末を見てみたい作品です。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック