2014/06/05

『血界戦線 9 ─鰓呼吸ブルース─』 感想

血界戦線 9 ─鰓呼吸ブルース─ (ジャンプコミックス)血界戦線 9 ─鰓呼吸ブルース─ (ジャンプコミックス)
(2014/06/04)
内藤 泰弘

商品詳細を見る

アニメ化も決定したシリーズ9巻目です。
この漫画、話はアニメ向きだと思うんですけど、
問題はやっぱり作画かな…大丈夫なのか?
まあ、この超人バトルがヌルヌル動くのなら
それだけで脳汁出まくりそうですけどね。

それはさておき9巻目の感想。
前半はツェッドの話…ではあるのですが、
どちらかというと彼を取り巻く面々がメイン。
通り魔にやられたツェッドの仇を討つべく
レオ、ザップ、チェインが大暴れする展開です。
相変わらず人のいいレオ、弟弟子に対しては
ツンデレなザップ、怒らせると怖いチェイン、
という感じでそれぞれの見せ場は十分。
ツェッドも美味しいところを持って行きました。

後半はまさかのK・K姐さん授業参加編。
ってか旦那さん滅茶苦茶いい人だな。
内容は授業参加の合間を縫って仕事するという
ドタバタコメディですが、油断していると
いきなりマジな雰囲気になるのでビビります。
でも子育て眷属とのやり取り、好き。
こいつの過去話とかも見たい気がしますけど、
見せないほうが味わい深い気もしますね。

今回も燃えたり笑ったりほのぼのしたりと
最初から最後まで楽しませて頂きました。
アニメが始まるのは10巻の後ですかねー。

コメント

非公開コメント