2014/06/01

『Re;Lord ~ヘルフォルトの魔女とぬいぐるみ~』体験版 感想

公式はこちら。
『Re;Lord~ヘルフォルトの魔女とぬいぐるみ~』応援中!
エロとゲーム性の両立にチャレンジし続ける
エスクードさんの新作を体験してみました。

魔女に支配された祖国を解放するために
主人公が魔女に戦いを挑むというのが話の導入部。
支配されてるのが魔族の国で、魔族なのに
支配されてるのかよという感覚がちょっと新鮮。
魔族が魔女をチョメチョメするのはよくありますが。

主人公のノリは某ルルーシュっぽいですね。
HHGの久司朗と同じ間抜けな策士タイプ。
個人的には好きなタイプですけど新鮮さは少ないか。
あと、マントオタクなところを見て
ロスト・ユニバース(古い)を思い出しました。
相棒であるリアのキャラもどことなくC.C.っぽい。

日常シーンの会話は面白いのですが、
それは主人公であるヴィルフリートと
相棒であるリアのキャラの良さが大きいです。
ハイテンション馬鹿とクール少女は相性がいい。
これで真ヒロインがリアじゃなかったら嫌だなぁ。

逆に今回のヒロインであるエーリカとフィーネは
思っていたよりも地味だったような?
現段階では敵側ということもありますが、
この状況は終盤まで変わらないでしょうし、
このままだとマンネリになりそうな気もします。

今回は分割作品らしいですが、そのせいでキャラが
出し惜しみされている感があるのが惜しいですね。
これならフルプライスでもいいですから
最初から3人の魔女を出してワイワイやった方が
プレイヤーとしては素直に期待できたかも。

ゲームシステムはブロックで道を作るSLGパートと
クリックで敵を脱がすバトルパートの組み合わせ。
体験版時点では難易度は温めでしたけど、
バトルに関しては効率よく脱がせようとすると
結構歯応えのある難易度になって面白かったです。
気軽にポチポチするゲームとしてはちょうどいい。

しかし脱がせられるのが二人だけなのが惜しい。
もちろんポーズ違いはあるんでしょうけど、
それでも二人という数を見るとガッカリします。
そういう面でもフルプライスで出して欲しかった。


まとめ。
体験版を触った感じでは決して悪くない。
キャラもシステムも軽めで気楽に楽しめます。
ただ、やっぱり分割というのが引っかかる。
全部まとめたパックが出てからでいいやみたいな?
魔女3人だから3部作と考えると、ハーフプライスも
それほどお得な価格設定だとは思えませんし、
まとめパックが出た頃に再検討という感じでしょうか。
ただでさえ6月は結構激戦区ですからね。

しかし古河ボイスはスチパンの印象が強過ぎるなぁ。

コメント

非公開コメント