手を出したものの感想を書き溜める場所
『星織ユメミライ』体験版 感想
公式はこちら。
『星織ユメミライ』応援中!
クラナドで一部シナリオを担当した丘野さんが作る
「星織ユメミライ」の体験版の感想です。

体験版を触った印象は丁寧な学園物という感じ。
転校生である主人公が次々とヒロインと出会って
打ち解けていくという定番の流れになっています。

流れ自体は物凄く定番なのですが、
主人公は割としっかりした性格ですし、
ヒロインたちの描写も地味ながら可愛いです。
エロゲーといえばダラダラ系主人公が多い中で、
主人公が建築家という夢を持っているのは珍しい。
若年ながら既に夢のために動き出していますし、
こういう真っ直ぐな男は好感が持てますね。

ヒロインたちも可愛いのですが、6人は多いかも。
一応、男サブもいるにはいるんですけど、
基本的には主人公+女6人で動くっぽいですし、
女成分が多くて微妙に居心地の悪さを感じます。
個人的には男一人女4人ぐらいのバランスが好き。
もしくは男サブを増やすとか。
あと、ヒロイン6人となるとそれぞれのシナリオが
ちゃんと差別化できていないとコンプする前に
飽きてしまいそうな不安もあります。

タイトルに「星」とありますし、ヒロインでは
後輩であるそらがメインになるのかな。
クール系ロリ後輩がメインなのは珍しい気が。
逆に幼馴染である真里花は大人しいけど
頑張り屋という感じでメインヒロインっぽいかも。
王道幼馴染とのイチャラブを楽しめそうな予感。

夏希はよくいるカメラマンキャラですけど、
こういうタイプがサブでないのも少し珍しい。
マスコミキャラは取材に走り過ぎると
ウザくなってしまう危険性がありますが…。
透子は夏希と同じく気さくなタイプですけど、
群れることに積極的でないのが違いか。
孤高である理由辺りがシナリオのテーマかな。

美砂先輩はよくいる天然巨乳先輩ですが、
趣味がハッキリしているのは主人公と似ている。
おっとりしてて包容力があるいいお姉さんですね。
律佳はそらと同じクール系ですが、
そらが不思議系無口キャラなのに対して、
こちらは堅物なのに隙が多いタイプでした。
押し倒されたときの反応とかいちいち可愛いです。

こうして見ると天然枠ではそらと先輩、
無口枠としてはそらと律佳というように
若干属性の被るヒロイン配置ではあるのですが、
他の部分の微妙なずらし方がなかなか絶妙で
キャラの差別化はできていたと思います。

あと、この作品の大きな特徴としては同棲生活や
新婚生活のあるアフター編が充実していること。
これは面白い試みですが、できれば体験版で
雰囲気だけでも見せて欲しかったところですね。


まとめ。
珍しいぐらいドストレートな恋愛ゲーム。
ヒロインとの出会いや打ち解けていく様子は
丁寧に見せていましたし、この調子で個別ルート、
アフタールートが作られるなら期待できそう。

ただ、今のところ予想外の要素がほぼ皆無なため、
製品版では途中で飽きるかもという不安もあり。
ヒロインもいい子揃いではあるのですが、
強く惹かれたのが律佳ぐらいというのも痛い。

発売は7月ということでまだまだ先ですし、
これからもまだ色々な体験版が出てくるはず。
購入するかは他の体験版次第という感じでしょうか。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック