手を出したものの感想を書き溜める場所
『武田家滅亡』伊東潤 感想
武田家滅亡 (角川文庫)武田家滅亡 (角川文庫)
(2009/12/25)
伊東 潤

商品詳細を見る

甲斐の武田家が滅亡するまでを描いた歴史小説。

物語は長篠の戦いの後、武田と北条が同盟し
北条夫人が武田家に嫁ぐところから始まります。
長篠での敗戦の損害は大きかったとはいえ
武田家にはまだ余力があり、やり方次第では
もう少し何とかなったのでは…と妄想できる
なかなか絶妙なタイミングな気がします。

とはいえ、そこは歴史小説なので歴史通りに
武田家が滅亡することに変わりはないのですが、
その滅亡を様々な人物の視点で描きつつ、
実際こういうこともあったのかもしれない的な
捏造が楽しめるのも歴史小説故でしょう。
そこは流石伊東さんと言うべきか、
勝頼の杜撰な行動の理由や地侍たちの鬱屈などを
しっかり捏造していて読み応えがありました。

今回の勝頼は真っ直ぐで好感の持てる男として
描写されているのですが、そういう美点から来る
見通しの甘さを容赦なく描写するのが伊東さん。
景虎の本もそうでしたけど、全力でいい奴として
書きつつ、いい奴なだけでは勝てないという
当たり前のこともきっちり書いています。
友人として付き合うならいい奴でいいですけど、
上司としてはやっぱり冷静な判断力が大事。

金山の枯渇や重臣たちの暴走があったとはいえ、
景虎を切り捨てて北条を敵に回したことや
国力に余裕のない状態での新府城建設など、
自爆的な政治が多かったこともまた事実。
目の前の状況をそのまま受け止めて
結果的に最悪の選択をしてしまったのが勝頼。
甲斐の状況を見ていると遅かれ早かれ
信長に負けるのは確定だったでしょうけど、
もう少し抵抗できたのではないかなと。
まあ、後世の人間だから言えるんですけどね。

しかしこの本の長坂釣閑斎は実にかっこいい。
佞臣として語られることが多い人物ですが、
そんな彼をここまで筋の通った人間として
再構成して見せたのはお見事としか言えません。
善悪で言うなら悪なんでしょうけど、
その生き様には頷かされるものがありました。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック