2014/05/05

艦これ春イベント『索敵機、発艦始め!』 感想

艦隊これくしょん春イベント、攻略完了です。

艦これのイベントといえば苦行のイメージが
強かったんですけど、今回はそうでもなかったなー。
これはやっぱりゲージ回復がないことと、
羅針盤を固定することが出来たのが大きいです。
道中の事故は増えた気がしますけど、
それでもどこかに飛ばされるよりはマシですね。
その道中にしてもキラキラや探照灯、
ダメコンを使えば大分楽に進めますし。
まあ、やっぱり運次第なところはあるので
道中で何度も撤退させらることがありましたけど、
自分としてはちょうどいいレベルでした。

各ステージについて少し。

E-1は特に思うところもなし。
ここはサービスステージみたいなもんですし
割と雑な編成でも戦力的に十分なのでは?
まあ索敵機と索敵値を満たす必要はありますが。
攻略情報を調べてくれた有志の方々には感謝です。

E-2も敵の戦力的には大したことはないですけど、
夜戦マップについては賛否が分かれるかな。
自分の場合は探照灯を使い出してからは
事故が激減しましたけど泥沼にハマる人もいそう。
体感的には明らかに敵のカットイン率が
下がっていましたけど、これも運ですからね。

ここまでは普通に雷巡の先制雷撃が使えますし、
今まで鍛えた雷巡三人娘に活躍して頂きました。
特に大井っちはレベル130近くありますし、
ここで使わなければどこで使うんだと。

E-3は戦戦戦戦空空というごり押し編成。
榛名(ケッコン済み)とビスマルクは固定で
残り二人は金剛型三人を回転させて運用。
レベルは80もあれば十分じゃないでしょうか。
クリア後もレアドロを掘っていますけど
ごくたまに事故る程度で割と楽なイメージです。
1戦目の潜水艦で事故ると嫌な気分になりますが。

E-4は待ちに待った駆逐艦ステージ。
うちの駆逐艦ズは暁(130)、漣(128)、
潮(117)、ヴェル(94)という陣営で挑みました。
第六の長女次女と第七の三女四女ですが、
史実での色々な絡みが好きな組み合わせです。
あとは伊勢(60)と五十鈴(75)ですね。
しかし高レベル駆逐艦とはいえボス手前は鬼門。
まあ、大破状態でボスまで行ってもボスは弱いので
ダメコンが発動することは滅多にないのですが、
それでもたまーに発動することはありますし、
大破進軍できるというメリットは計り知れません。
ダメコン運用で大きく難易度が変わるステージ。

正直、E-5はどうするか迷っていたんですけど、
資源に余裕があったことと、たまにはガチ編成で
ごり押ししてみたかったので突入を決意。
編成はビス子(83)、大和(80)、霧島(98)、
大鳳(94)、加賀(94)、瑞鶴(94)という
かなり無難で手堅い組み合わせで挑みました。
何気に大和を実戦で運用するのはこれが初めてかも。
毎回キラ付けして決戦支援も出して2日でクリア。
消費した資材は油3万、弾1万5千、鋼1万、ボーキ4千。
まあ1週間前のデータとの比較なので実際には
もうちょっと消費していますけどね。

ここでの最大の難関はやはり2戦目の戦艦棲姫。
直撃を食らうと大和でも一発大破なので
リアルで手を合わせて祈るしかなかったです。
旗艦ビス子こそ大破した経験はないものの、
その他5人は満遍なく大破させられてたような気が。
大和の装甲は雑魚戦艦相手には有効ですけど、
ボス級相手となると過信は出来ません。

ボスである離島棲鬼はそれほど強くないのですが、
ここでも戦艦棲姫がやたらと強い印象を受けました。
離島棲鬼は夜戦連撃でほぼ即死なんですけど、
戦艦棲姫は直撃してもなっかなか落ちないです。
こんな感じでな。
春E-5
ただ、運任せとはいえ離島棲鬼を攻撃する確率は
低くはないので旗艦撃破は決して難しくないです。
A勝利だとドロップがしょっぱいですけどね…。

そんな感じで今回のイベントは普通に楽しめました。
連休で時間的余裕があったこともありますけど、
今までと比べて張り付きプレイする時間が
少なくて済んだのも心理的には助かりましたね。
今後のイベントもこんな感じでお願いしたい。
ゲージ回復と羅針盤より殴り合い重視がいいのです。

あと、例によってイベント戦闘BGMが熱かった。
これらの曲のおかげでテンションを持続することが
出来たといっても過言ではないでしょう。
今後追加されるBGMにも期待したいところですね。

コメント

非公開コメント