手を出したものの感想を書き溜める場所
『魔女こいにっき』体験版 感想
公式はこちら。
「魔女こいにっき」応援中
新メーカーQoo brandのデビュー作である
「魔女こいにっき」を体験してみました。

今回の体験版の一番の特徴は
ありす視点だったということでしょうね
主人公らしき男も一応出てくるものの、
基本的に日記内のみでの登場という変化球。
こういう構成は掴みとしては面白いです。

ただ、話としてはちょっと間延びした印象。
今回の体験版では日記の中で一通りの
ヒロインを落として見せるわけですけど、
その流れが結構ワンパターンなんですよね。
ヒロインのキャラとエロを見せるという点では
体験版として仕事をしていたと思いますけど、
日記の中のエロという特殊シチュも
何度も使われると飽きが来てしまうわけで。
ありすのパンツネタの繰り返しも微妙。

でもシナリオの本筋自体は先が気になる。
まず主人公の存在が謎ですし、日記や学園、
魔法少女とその他にも謎だらけなんですよね。
これらをどんな決着に繋げるのか。
公式のあらすじにある「失恋の物語」という
キーワードにも引かれるものがあります。

ヒロインとしては時計坂姉妹や聖、美衣は
分かりやすいですけど、ありすや崑崙が
どういう扱いになるのかがこれまた気になる。
ありすは体験版では主人公扱いでしたけど、
この後、ヒロイン的立場にシフトするのか、
それとも最後まで主人公していくのか…。
いずれにせよ、一筋縄ではいかなそうです。
先生や恋はエロがあってもサブなんですね。
どちらも可愛い娘だけにちょっと惜しい。


まとめ。
面白い部分とそうでない部分の分かれる作品。
シナリオ構成は面白いですし先が気になる反面、
シナリオ進行はもっさり気味で若干退屈でした。
自分は微妙に日常会話に乗れなかったんですけど、
逆にそこが楽しめる人なら問題なさそうですね。

もう少しテンポよく進んで欲しいとは思いますが、
自分的に5月は過疎地帯なので購入するかもです。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック