2014/03/30

『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』 感想

毎年恒例の奴を見てきました。

正直、今回のはシナリオ的に見ると
いつも通り強引な話だったんですけど、
勢いはあったので予想以上に楽しめました。
まあ、ここら辺は脚本がこなれて来たのか
自分が適応したのか微妙なところなんですが。
個人的に内輪もめって嫌いじゃないですし。

出番的には最新ライダーである鎧武と
破壊者ディケイドが多かったのは当然として、
10年ぶりに半田巧が登場する555が
比較的優遇されていたのも噂通りですね。
555ファンなら見に行って損はないかと。
草加も相変わらず濃かったですしね!

ここからはネタバレ多めの感想です。

ディケイドは独特の立ち位置を確立したなぁ。
どの作品に混じっても違和感がないのは
何気に凄いことなんじゃないかと。
あと鳴滝もいつ登場しても違和感がない。
昭和ライダーと分かり合えないと聞いた士が
「分かるわー」みたいな顔したのには笑った。
劇場でもクスクス笑ってる人多かったです。

鎧武は主人公扱いではあったんですけど
地味というか、まあテレビでもそうですけど。
やっぱ紘汰より戒斗の方が面白いんだよなぁ。
紘汰は主人公向きだとは思いますけどね。
呉島兄弟は戦ってただけという感じでした。
まあ弟の腹黒さとか出してもしょうがないしな。

たっくんは相変わらず悩み多き青年でしたね。
腹黒亡霊草加の口車に乗せられたのには
らしいなーと思いましたけど、その後
亡霊草加が吹き飛ばされたのには噴きました。
もう全力で笑いを取りに行ってるな。
過去での死に様は気合が入っていましたけど、
やっぱり木場にやられるんですね。

翔太郎と晴人はちょい役でしたけど
やっぱオリキャスが出ると嬉しいなぁ。
士と翔太郎が完全に顔馴染みなのも面白い。
パンフに書いてありましたけど
居場所がつかみやすいライダーと
そうでないライダーがいるってのは納得。

話には全く絡まなかったのに最終決戦で
大活躍するキョウリュウ&トッキュウジャー。
今回は出ない方がスッキリしたでしょうけど、
乱入のおかげでより状況がカオスになり
ハチャメチャ感が出たのもまた事実。
今回のように話には絡ませないおまけ扱いも
ひとつの手法としてアリかもしれません。

しかしボスを倒したかと思ったら
またライダーバトルを始めたのには噴いた。
放映前にアンケートやってましたけど
多分ここで分岐させるんでしょうね。
もう一つの結末はディスク待ちか。

去年の宇宙刑事編は何だかゴチャッとしてて
いまいち夢中になれなかったんですけど、
これぐらいライダーメインだと見やすいです。
来年はブレイドメインでやって欲しいですね。

コメント

非公開コメント