手を出したものの感想を書き溜める場所
ガンダムビルドファイターズ 23話までの感想
今更ですがざっと感想を書いてみる。

正直、最初の印象は子供向けという感じで、
あまり興味のある作品じゃなかったんですよね。
ガンダムだからダラダラ見るという感じで、
まさに惰性という言葉が相応しい見方でした。

といってもそれは本当に最初だけで、
1話でギャンがウイングに勝ったことに驚き、
2話のコロニー内戦闘でのスモーの活躍や
ユウキ先輩の暑苦しさを見た後には
姿勢を正して見るようになっていましたね。

ストーリーは真面目な少年漫画という感じで
手堅く面白いのですが、それ以上に大きいのは
やっぱり歴代MSが出まくるってところでしょう。
私自身、昔よりガンダム熱は冷めてるものの、
それでも懐かしのMSが動く姿にはグッと来ます。
子供に戻った気分でニヤニヤしてしまうのも
仕方がない……仕方がない……ですよね?

古い機体から最新の機体、メジャーな機体から
外伝系のマイナー機体まで出るのも嬉しい。
まさか動くところが見られるとは!
という機体が動いてくれるのはたまりません。
個人的に一番感動したのはナイトガンダムかな。
OVA、まだ持ってるんですよね…。
短いながらも纏まっていた思い出深い作品。
次点でSガンダムでしょうか。
これは普通にOVA化して欲しい作品です。

登場人物がガノタばかりなだけあって、
パロディ使いまくりなのも楽しいところ。
バンダイ本家が作っているおかげで
好き勝手に作ることできるのは強みですね。
ガンダムパロを使う作品は少なくないですが、
当然ですがそれらとはレベルが違います。
本家が出すならこれぐらいやらないとという
いい見本になったのではないでしょうか。
予告の一言とかホントニヤニヤさせられます。

メカ戦の作画もいいですし、特に後半戦、
VSフェリーニ以降は名勝負揃いと言ってもいい。
レイジ・セイ組がガンダムファイト的な
戦いなのに対して、名人はガンダムネタや
プラモネタの多い戦いなのもいいですね。
ジムスナイパーエグザムには燃えましたし、
質量を持った残像VSトランザムも熱かった。

とまあそんな感じでここまでは概ね満足。
後は横槍ばかり入れる会長と秘書子相手に
どんな決着を付けるかってところですかね。
この二人、妙な愛嬌があるんですけど、
やってることが結構イヤらしいせいで
ヘイトも集めているという印象があります。
そこら辺はスカッとさせて欲しいですね。
それとは別に異世界関係はどうなるのかも
気になるのですが…二期に投げるのか?
こういうお祭り作品の二期というのも
それはそれで難しい気がしますけどね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック