手を出したものの感想を書き溜める場所
『殺しも芸の肥やし 殺戮ガール』七尾与史 感想
殺しも芸の肥やし 殺戮ガール (『このミス』大賞シリーズ)殺しも芸の肥やし 殺戮ガール (『このミス』大賞シリーズ)
(2011/12/10)
七尾 与史

商品詳細を見る

他人の人生を乗っ取りながら生きる女の話。
このネタ、サスペンスではたまに見るような?
作品名までは思い出せないんですけど
いくつか見たような気がするんだよなぁ。

まあそれはさておき。
この本はそんな乗っ取り女の生き様を
様々な関係人物の視点から描写し、
その痕跡を追っていく内容になっています。
そんな構成だけに視点は次々変わるのですが、
混乱することもなく最後まで読めました。

乗っ取り女が様々な手法を駆使して
他人に取り入っていくところや、
その被害を受けた人々が彼女の正体に
迫っていく流れはなかなか緊迫感があります。

ただ、乗っ取り女自身の魅力はイマイチでした。
無邪気で狂ってるキャラという設定は
分かるんですけど、そういう化け物的性格と
地道な手段で他人の人生を手に入れるという
犯罪の間にチグハグさが感じられるんですよね。
その結果、肝心なところで首を傾げることに。
動機にしても予想外ではあるものの、
面白いかと問われると微妙なところですし。
そういうギャップも狙ったのかもしれませんが…
うーん、個人的には滑ってるように見えました。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック