手を出したものの感想を書き溜める場所
『リブート!』福田和代 感想
リブート!リブート!
(2011/07/20)
福田 和代

商品詳細を見る

合併した銀行間のメインフレームを
繋ぐために急造されたリンカーシステム。
その保全を担当するSEたちの奮闘を描いた物語、

銀行に限ったことではないのですが、
客商売にとって平日のシステムトラブルほど
恐ろしいものは無いわけで、しかもそれが
現金を扱う銀行ともなると自体は非常に重大。
自分の銀行だけでなく他の会社も巻き込んで
共倒れという最悪の事態もありえます。

システムが題材だけにトラブルやその対策には
専門的な知識が必要…というほどではなく、
ちょっとパソコンを弄ったことのある人なら
スラスラと読める内容になっているのには感心。
流石にUPSを知らないレベルだと厳しいですが、
パソコンを仕事で使う人なら余裕でしょう。

トラブルの原因はケアレスミスなんですけど、
それがなかなか分からないというのはお約束。
そしてあちこちから突き上げを食らいながら
時間に追われてパニクる気持ちには分かる。
というか読んでてちょっと胃が痛い。
トラブルが続くと周りの対応もだんだん
キツクなっていくところとかもうね…辛いです。

更に神経が昂ぶって上司や同僚や部下の
行動を変に深読みしてしまって自縄自縛とか、
なんかいちいち共感できてしまいますよ。
しかしそういうグダグダがしっかり解決する
ラストの爽快感は読んでよかったと思えるもの。
青春物、と言うには人物が年を取り過ぎですが、
それに似た気持ちよさのある作品でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック