手を出したものの感想を書き溜める場所
『刑事のはらわた』首藤瓜於 感想
刑事のはらわた (講談社文庫)刑事のはらわた (講談社文庫)
(2013/02/15)
首藤 瓜於

商品詳細を見る

刑事から鑑識に回された主人公が
単独で殺人事件を追っていくお話。

変死体をあれやこれやの手法で弄って
手がかりを探し出すのが鑑識の仕事、
というのは知っていたのですが、
そういうところ改めて書かれると面白い。
現場で死体を探るところから解剖まで、
非常に細かい描写で書かれています。

やってることはグロいんですけど、
教科書を読んでいる感覚に近いので
気持ち悪さはあまり感じられませんね。
ほうほう、そういうところを見るのかー
という感じで感心しながら読みました。

ただ、肝心の話はというと微妙なところ。
主人公である八神の強迫的なまでに
ミスを恐れる心理描写は面白いのですが、
それが話に影響したというわけでもない。
更に伏線があまりにあからさま過ぎて
途中で読めてしまう真犯人。
そしてラストの急展開っぷりには
悪い意味でポカーンとしてしまいました。
なんだこれぇ…。

設定や描写は面白かっただけに
お話の雑さが残念に感じられる作品でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック