2014/02/01

『信長影絵』津本陽 感想

信長影絵信長影絵
(2013/01/11)
津本 陽

商品詳細を見る

織田信長を題材にした歴史小説は数あれど
これだけ出来事メインな小説は珍しいか。

ハードカバーで分厚い本だけあって
信長に関する事は非常に細かく書かれていて、
そういう小さな事件の積み重ねによって
今まで他の媒体で知っていた信長像とは
少し違ったものが見えてくるのが面白いです。

例えば信長と信行の確執は有名ですが
この本では他の身内との血を血で洗う争いも
きっちりと描写されていて、結果的に
弟殺し自体の印象はかなり薄まっています。

一方で信長の生母である土田御前が
重要なポジションに置かれているのが面白い。
この本では信長の奇矯な行動の原因を
母親からの愛情不足に設定しているので
要所要所で土田御前が顔を出するんですよね。

母から愛されないまま成長したせいで
自分の命に確固たる価値を見出せず、
冷徹で優れた判断力を持ちながらも
博打的な暴走を繰り返す希代のうつけ者。
前半では吉野に救いを求めていましたけど、
吉野が死んでからはそれさえも諦めて
周りに空虚な悪意を撒き散らしながら
天下統一に向かって突き進む怪物になる。

後半に行くにつれて信長の心理描写が
少なくなり味気なくなっていくんですけど、
これも信長の空虚さを現しているのかと
ちょっとゾクリとさせられる一冊でした。

コメント

非公開コメント