2014/01/20

『強欲な羊』美輪和音 感想

強欲な羊 (ミステリ・フロンティア)強欲な羊 (ミステリ・フロンティア)
(2012/11/21)
美輪 和音

商品詳細を見る

女性がメインのイヤミス短編連作集。
イヤミスっていつの間にかミステリーの
ジャンルになるほど大きくなってたんですね。
しかし作者さん、デビュー作がイヤミスとは
今後が楽しみというか恐ろしいというか…。

収録されている短編はどれも男女関係メイン。
ドロドロさせたいのならやっぱこれか。
どの短編も終盤までは素直な展開なのですが、
最後の最後で突き落とすという感じですね。

「強欲な羊」と「ストックホルムの羊」は
どちらも一人称で語られる短編ですが、
ぶっちゃけて言うと叙述トリック作品です。
ただ、話の持って行き方は非常に面白く、
語り手に罠があると分かっていても
最後まで真相を読めないまま楽しめました。

「背徳の羊」と「眠れぬ夜の羊」は
読めた部分も読めなかった部分もあり。
分かったと思って油断していると
もう一手用意されている感じでしょうか。
全体像を隠すのが上手いんですよね。

ただ、「生贄の羊」はちょっと微妙か。
連作の締めとして書かれている作品ですが、
今までの作品とのリンクを優先するあまり
ホラーっぽくなり過ぎたのがちと残念でした。
これなら普通の短編集でも良かったかも?
でも全体としては楽しく嫌な気分になれる
よくできたイヤミス本だったと思います。
作者さんの今後に期待。

コメント

非公開コメント